住𠮷神社は明石海峡を臨むパワースポット!

Sumiyoshi-shrine,Akashi近畿

住吉神社は、明石市魚住町の海辺に鎮座しており、その歴史は雄略天皇の時代に遡るといわれます。

境内には、兵庫県・明石市指定文化財に指定された重要な建造物を見ることでき、
また藤やアジサイの名所としても知られています。

このページでは、住吉神社の見どころを紹介します。

住𠮷神社とは?

Sumiyoshi-shrine,Akashi

神功皇后の三韓征伐の際に播磨灘で暴風雨遭遇し、魚住に上陸ご滞泊になり、神籬をたてて
住吉大神に平穏を祈願されたところ、暴風雨がおさまったとされています。
凱旋後、神功皇后により住吉大神は摂津国住吉に祀られました。

その際、皇后の衣を松の枝に掛け干していたところ、風になびき錦のように美しく見えたことから
「錦ヶ浦」と呼ばれるようになりました。

大阪の住吉大社に伝わる『住吉大社神代記』によれば、神功皇后によって、摂津の国住吉に御鎮祭された
住吉大明神は、「播磨国に渡り住みたい。藤の枝の流れ着く所に祀れ」とお告げを出され、
藤の枝を海に浮かべると、魚住に流れ着いたそうです。

この御神慮によって、464年(雄略天皇8年)この地に住吉大神を勧請したのが創建と伝えられ、
1292年(正応5年)に現在地に遷座しました。

初めて住吉大神が祀られた地ということで、「住吉神社の発祥の地」とも称されています。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

御祭神

大阪の住吉大社と同じ住𠮷三神と神功皇后(気長足姫命)がお祀りされています。

主祭神:底筒男命(ソコツツノオノミコト)

配祀神:中筒男命(ナカツツノオノミコト)、表筒男命(ウワツツノオノミコト)
気長足姫命(オキナガタラシヒメノミコト)

ご利益

海上守護、産業、和歌文学、交通安全、商工業、安産、子育て守護、学業祈願、厄除け、病魔退散、
家内安全、開運招福など、幅広いご利益があります。

境内の見どころ

境内には、明石市指定文化財に指定された「能舞台」や、「楼門」などの重要な建造物が見られ、
能や神楽の上演会、節分や春祭り、七夕まつり、秋祭りなど、季節の行事もたくさん行われています。

能舞台と拝殿

Sumiyoshi-shrine,Akashi

能舞台は、明石初代藩主・小笠原忠政公によって1627年(寛永4年)に建立されています。

Sumiyoshi-shrine,Akashi

明石市内に残る唯一の能舞台で、山門、楼門、能舞台、拝殿、本殿が一直線に並ぶ東播磨地方の
典型的様式を備えています

Sumiyoshi-shrine,Akashi

楼門

Sumiyoshi-shrine,Akashi

楼門は、1648年(慶安元年)に建立されています。

境内を彩る藤棚

Sumiyoshi-shrine,Akashi

花の名所としても知られる住吉神社では、晩春の藤棚の美しい姿を見ることができます。

Sumiyoshi-shrine,Akashi

また、6月の梅雨の時期には、アジサイのスポットとしても有名です。

フォトジェニックな撮影スポット

Sumiyoshi-shrine,Akashi

鳥居の向こうは、青い空と明石海峡を見渡せる絶景・パワースポットです。

楼門から海へ向かっての景色は、フォトジェニックな撮影スポットでもあります。

Sumiyoshi-shrine,Akashi

 

アクセス

所在地:明石市魚住町中尾1031
交通アクセス:山陽魚住駅から徒歩で5分
駐車場:無料
行事やお花見の時期になると、公園の敷地内にかなり広い駐車場が設けられています。

Sumiyoshi-shrine,Akashi

まとめ

藤のきれいな神社として有名な住𠮷神社ですが、海を眺めながら松林に囲まれた公園の中を散策したり、
家族ずれでピクニックする場所もあるので、お参りだけでなく、レジャーも楽しめます。
また、海からの大きなパワーを受けるので、はつらつとしたした気分で浄化されたようです。

 

タイトルとURLをコピーしました