映画やドラマのロケ地でも使われた明治レトロが漂う「京都府庁旧本館」

Kyoto prefectural office近畿

映画「日本のいちばん長い日」をはじめ数々の映画やドラマのロケ地にも使われた、
京都市上京区に位置する京都府庁旧本館を見学してきました。

創建時の姿をとどめる館内を紹介します。

京都府庁旧本館とは?

京都府庁旧本館は、1904(明治37)年に竣工された2階建てのネオルネッサンス様式の建築です。

昭和46年まで京都府庁の本館として使用され、現在も「執務室」や「会議室」として使用されており、
創建時の姿がそのまま残された現役の官公庁建物としては日本最古のものです。

2004(平成16)年には、国の重要文化財に指定されました。

映画やドラマの撮影にも使われた

Kyoto prefectural office

京都府庁旧本館は、終戦をテーマにした映画「日本のいちばん長い日」をはじめ、
数々の映画やドラマの撮影場所としても使われています。

作品をご覧になられた方は、そのシーンを思い出されるとおもいます😊

Kyoto prefectural office

白を基調にした、とてもエレガントな階段です!

また、こちらの階段は白い階段に白いドレスが流れるように美しく撮影ができるという事で、
ブライダルの撮影場所としてもよく利用されているそうです。

京都府庁旧本館の見学スポット

京都府庁旧本館の見どころは、日本の和と西洋的な部分が共存している造りです。

現在、旧知事室、旧議場などが無料で一般公開されています。

旧知事室

Kyoto prefectural office

旧本館の2階では、昭和46年まで京都府庁で「知事室」として使用されいた部屋が見学できます。

Kyoto prefectural office

当時の調度品がそのまま展示されていて歴史を感じます!

Kyoto prefectural office Kyoto prefectural office

当時の机(左の写真)と帽子置き(右の写真)には、日本の国章がついています。

Kyoto prefectural office Kyoto prefectural office

桜のシーズンには、廊下の窓から中庭に咲き誇る鮮やかな祇園枝垂桜が見渡せます。

Kyoto prefectural office

旧議場

Kyoto prefectural office

明治レトロ感があって、映画のセットでも見てるようです。
明治時代に建てられたまま保存されているのですから、重要文化財の中でも貴重な穴場スポットです。

基本情報とアクセス

京都府庁旧本館 (Kyoto Prefectural Office Building No. 1)

所在地:京都府京都市上京区 薮ノ内町  Google マップで見る
公開日:火曜日から金曜日、土曜日(第1週、第3週、第5週)
公開時間:10:00~17:00 ただし、祝日及び年末年始を除く
見学料:無料

交通アクセス
京都駅から市営地下鉄烏丸線「丸太町」下車、徒歩10分
三条京阪から10系統、京阪神宮丸太町から93系統、202系統、204系統、「府庁前」下車徒歩5分

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました