これだけは見たい!1日で廻るベルギーの首都「ブリュッセル」の観光スポット!

brussels

ベルギーの首都ブリュッセルは、欧州連合(EU)の主要な機関が集中しており、国際的な政治・外交の
要となる都市です。また、政治の中心地としての重要性だけでなく、豊かな文化遺産と多彩な観光スポット、
美食の街としても有名です。

ブリュッセルの観光スポットは、世界遺産に登録されている「グラン・プラス」を中心に
2キロ四方の徒歩圏内に集中しており、1日で殆どのスポットへアプローチすることが可能です。

このページでは、ベルギーの首都ブリュッセルの観光スポットや効率よく廻る方法、
ホテルの選び方などを紹介していますので参考にしてみてください。


– AD – 記事内に広告が含まれています。

ブリュッセルの観光日数

ブリュッセルは街の中心部に観光スポットが集中しているので、1日で十分に観光を楽しめますが、
美術館や教会などの施設を見学したり、ストリートアートを見ながらゆっくり街歩きをしたり、
ショッピングなども楽しみたい欲張りさんは、2日程みておいた方がいいでしょう。

旅行者の選んだブリュッセルの人気ホテルを TripAdvisor でチェック してみましょう。

芸術の丘

brussels

ブリュッセル中央駅の近くにある階段状になった広場を上がったところが芸術の丘(Mont des Arts)です。

広場中央には第1次世界大戦時、兵士と共に戦線に赴き国土を守るために戦った名君「ベルギー3第国王
アルベール1世」の騎馬像が、小高い丘の上からブリュッセルの街を見守るように建てられています。

Mont des Arts, Brussels

手入れの行き届いた庭園を抜けて更に階段を上がると、グラン・プラスにある100mの高さを誇る
市庁舎の尖塔と街の美しい景色が見渡せるフォトジェニックなスポットに出ます。

高くそびえる市庁舎の尖塔を目印として、誰でも簡単に市内中心部へアクセスすることができます。

芸術の丘  [Mont des Arts]
場所:Monte des Artes 5,1000 Bruxelles

芸術の丘…という名前通り丘を上りきると美術館の並ぶエリアで、周辺には世界中の楽器が展示されている
楽器博物館や、アールヌーボー様式で建てられた素敵な建造物が並んでいます。

通りの突き当りにあるギリシャ神殿にクーポラを付けたような白いネオクラッシック様式の建物は、
「聖ヤコブ教会」、その前に建つ騎馬像は、第一次十字軍を率いたブイヨンの像です。

Brussels

丘の右手は、「王立美術館」「マグリット美術館」などのある美術館密集エリアです。

ベルギー王立美術館

Musée Royaux des Beaux-Arts de Belgique, Brussels

ベルギー王立美術館は 1803年にオープンして以来、200年以上の歴史を誇る世界屈指の美術館です。

15世紀から18世紀までの作品が展示された「古典美術館 (Musée d’Art ancien) 」と19・20世紀の
作品を展示している「近代美術館 (Musée d’Art Moderne)」 、そして2009年には王立美術館に隣接して
「マグリット美術館(Musée Magritte)」がオープンし、2万点以上のコレクションが所蔵されています。

マグリット美術館は4フロアから形成されており、彼の作品が年代順に200点以上展示されています。
美術館の入り口は、王立美術館と同じエントランスです。

古典美術館には、ルーベンスの作品が圧倒的に多く、ブリューゲルやメムリンクなどフランドルの画家の
作品が充実しています。

ベルギー王立美術館の見学ポイントやチケットの購入方法など 別ページ で説明しています。

ベルギー王立美術館  [Musée Royaux des Beaux-Arts de Belgique]
場所:Rue de la Régence 3, 1000 Bruxelles
見学時間: 火~金曜日10:00~17:00 、土・日曜日 11:00~18:00 
( マグリット美術館     月~金曜日10:00~17:00、土・日曜日11:00~18:00 )
公式サイト

ノートルダム・デュ・サブロン教会

Eglise Notre Dame du Sablon, Brussels

教会の起源は、アントワープの聖母大聖堂から運ばれてきた聖母マリアの彫像のために、
14世紀射手組合(ギルド)によって、小さな礼拝堂がここに建てられたこと。

その後、次々に奇跡が起こり、それがきっかけとなり巡礼地として多くの人々が訪れるようになったそうです。

Eglise Notre Dame du Sablon, Brussels

ノートルダム・デュ・サブロン教会は、フランボワイアン・ゴシック様式の美しい教会。
とても美しく精巧なステンドグラスやタペストリー、彫像などは必見。

ノートルダム・デュ・サブロン教会  [Eglise Notre Dame du Sablon]
場所: Rue des Sables, 1000 Bruxelles
見学時間:平日 10:00~18:30、土・日曜日 9:00~19:00
公式サイト

王宮

Palais Royal, Brussels

ベルギーの王宮は、7~9月に見学することができます。
私たちが訪問したのは8月の下旬だったのですが、国王がいたので見学できませんでした。
ちなみに、建物にベルギーの旗が立っているときは、国王が国内にいることを示すそうです。

王宮  [Palais Royal]
場所: Rue Brederode 16, 1000 Bruxelles
公式サイト
Brussels
近くには緑で覆われた広々とした公園があるので、こちらで一息つくのもいいですね。

サン ミッシェル大聖堂

Cathedrale St. Michel, Brussels

「サン ミッシェル大聖堂」は、ベルギー王室の冠婚葬祭に使用される格式の高い大聖堂です。

大聖堂の歴史は、9世紀前半にSt Michaelの礼拝堂として建てられたことから始まります。

11世紀にロマネスク様式の教会となり、13世紀前半には、ブラバント公のヘンリー1世の依頼で
大聖堂の建築が始まり、300年の歳月をかけてゴシック様式の教会が完成しました。

Cathedrale St. Michel, Brussels

12使徒の彫像で飾られる柱に外からの光を浴びて輝くステンドグラスは、繊細で優美です。

Cathedrale St. Michel, Brussels Cathedrale St. Michel, Brussels

色々な国の教会を見学してきましたが、サン ミッシェル大聖堂のステンドグラスは色鮮やかで
デザインがとても繊細です。

Cathedrale St. Michel,Brussels

サン ミッシェル大聖堂  [Cathedrale St. Michel]
場所:Place Sainte-Gudule, 1000 Bruxelle
見学時間:平日 7:00~18:00、 土曜日 8:00~17:00、 日曜日 13:00~18:00
料金: 無料 (宝物館・大聖堂地下は有料)
公式サイト

 

ギャルリー サンチュベール

Gallerie Reali Saint-Hubert, Brussels

ヨーロッパ最古のショッピングモールの一つといわれる「ギャルリー サンチュベール」は、
1847年にオープンしたエレガントなアールヌーヴォー建築のアーケードです。

全長212mの繊細な金属フレームの付いたガラス張りの屋根からは、自然の光が入ってとっても素敵です。

ギャルリー サンチュベールの中には、ダンスホールだったという書店「トロピズム(Tropismes)」や、
衣類、アクセサリー店、カフェ、多数のチョコレート店が軒を並べています。

Gallerie Reali Saint-Hubert, Brussels Gallerie Reali Saint-Hubert, Brussels

チョコレート店の中には、老舗チョコレートショップ「ノイハウス」をはじめ、ピエール・マルコリーニ、
メリー、メール、ラ・ベルジック・グルマンド、レオニダス、ラ・フォリ・デ・ガドーなどなど
日本では気軽に買えないチョコレートショップがずらりと並んでいます。

Gallerie Reali Saint-Hubert, Brussels Gallerie Reali Saint-Hubert, Brussels

ギャルリー サンチュベール  [Gallerie Reali Saint-Hubert]
場所:Galerie du Roi 5, 1000 Brussel

モネ劇場(ベルギー王立歌劇場)

Théâtre de la Monnaie, Brussels

主にオペラやバレエの公演が行われている市内のショッピングエリアにある劇場です。
公演の種類にもよりますが、チケットは €10~ €159。

劇場内部の見学は、毎月第一土曜日のみ 見学ツアーが行われています。

モネ劇場 (ベルギー王立歌劇場)  [Théâtre de la Monnaie]
場所:Place de la Monnaie, 1000 Bruxelle
公式サイト

グラン・プラス

Grand Place, Brussels

ブリュッセル旧市街の中心地にある石畳の広場「グラン・プラス」。

かつて文豪ヴィクトル・ユーゴーが「世界で最も豪華な広場」と称したことでも有名な
この広場は、1998年に世界遺産に登録されています。

Grand Place, Brussels
2019年撮影

100mの高さを誇る市庁舎の尖塔は、この広場に容易にアクセスできる広場のシンボルです。

Grand Place, Brussels

グラン・プラスは、市庁舎や王の家(市立博物館)、大商人たちのギルドハウスなどの歴史的建造物、
カフェのテラスで囲まれた1日中人々が行きかう賑やかな場所です。

午後はとくに広場狭しと人で溢れ、綺麗な写真を撮るのが大変難しい場所です

Grand Place, Brussels

グラン・プラス  [ Grand Place]
場所:Grand Place , 1000 Bruxelles

小便小僧

Manneken Pis, Brussels

ワッフル屋台やチョコレートショップ、お土産店が数多く並ぶ細い路地の先には、
世界の3大がっかりの小便小僧「ジュリアン君」がいます。

60センチという見落としてしまいそうな大きさですが、大勢の人だかりで見つけるのは簡単です!
ジュリアン君は、クリスマスなどシーズンによって衣装があるらしいです。

Manneken Pis, Brussels

小便小僧  [Manneken Pis]
場所:Rue du Chêne 2 1000 Bruxelles
Brussels Brussels
小便小僧の周辺には、ベルギーのコミック「タンタンの冒険」や建物の壁にくっついた自転車など
こんなストリートアートも見られます ☺
街の色々な場所でストリートアートをみながら、ブリュッセルの散策を楽しんでください。

小便少女

Jeanneke Pis, Brussels

ブリュッセルには小便少女もいます !

ギャルリー サンチュベール近くのイロサクレ地区にある、30cmほどの大きさです。

この小便少女は、あるレストランのオーナーが造らせたものだそうですが、下品だということで、
市民にはあまり好まれていないようです。

その為、小便小僧は賑やかな場所で観光客の人気者なのに比べ、目立たない路地で、
南京錠のかかった門に閉じ込められています。

このイロサクレ地区は飲食店の並ぶ賑やかな地区ですが、小便少女のいる路地はパブなどがあって、
あまりいい雰囲気ではないので、日中に訪問することをお勧めします。

小便少女 [Jeanneke Pis]
場所:Impasse de la Fidélité 10-12, 1000 Bruxelles

時間があれば訪れてみたいのが、没入体験型ミュージアム「アトミウム (Atomium)」です。

1958年の万博のために建設され、今では建築と科学の融合を象徴するランドマークです。

高さ102メートルのアトミウムは、鉄の結晶を1650億倍に拡大した形状をしています。
9つの球体から構成されており、それぞれが直径18メートルです。

球体はエスカレーターや階段で結ばれ、内部は展示スペースや没入体験型ミュージアムになっており、
展望台からは市内の景色を一望できます。

チケット情報をKLOOKでみる

ブリュッセル中央駅

Central station, Brussels

ブリュッセルには主な国鉄の駅が3つ (南駅・中央駅・北駅) ありますが、
観光スポットに一番近い国鉄の駅が中央駅なので、ここを起点にすればスムーズに観光ができます。

Gare de Bruxelles-Central

ちなみに南駅は、ユーロスター、タリス、TGVなどヨーロッパ主要都市への高速列車の殆どが発着し、
北駅は、ICEや国際鉄道の一部が発着するオフィス街の駅(EU本部やNATOなど国際機関が集まる)です。

ブリュッセル中央駅 [Gare de Bruxelles-Central]
場所:1000 Bruxelles, Belgio

ブリュッセルどの地域に泊まればいい?

私たちは、ブリュッセルから日帰りでアントワープへ行く予定だったので、中央駅からあまり遠くなく、
グラン・プラスとの間の市内中心部寄りにある アルマ グランド プレイス ホテル
[Alma Grand Place Hotel ★★★] に宿泊しました。

市内中心部にあり、フリーWiFi、スーパーや飲食店、観光スポットに近く低価格だったので、
それなりに快適な滞在ができたと思います。

1日でブリュッセルの観光スポットを無駄なく見るには、ホテルの位置が一番重要です。
南駅や北駅は国際列車が到着する大きな駅ですが、治安があまりよくなく観光スポットからも少し距離が
あるため、公共交通機関を使って市内中心部にアクセスする必要があるので不便です。

中央駅の近くはあまり環境が良いとは言えませんが、移動を重視する場合は便利ですし、
高級ホテルも並んでいるので、検討してもよさそうです。

グランプラスの周辺には高級ホテルが並んでいるので、TripAdvisor などの口コミや料金比較を
参考にするとホテルも選びやすくなるかとおもいます。

ブリュッセルの街歩きをしていて、それほど治安が悪いとは思いませんでしたが、ゲントやブルージュなど
北部と比べると、少し気を引き締める必要がありそうです。

お土産はやっぱりチョコレート?

ベルギーの有名店のチョコレートは結構高く、最低でも1粒 € 1 (120円 )します。
透明のギフトパックになっているもので、€ 9.90 ( 9コ)からです。

高級チョコレート店もいいですが、自分用にチョコレートを買うなら、
スーパーを覗いてみるのもいいと思います。
ブランドや種類も豊富で、目移りするほど並んでいますよ。

まとめ

ブリュッセルの街の様子や気候はパリと似ていて、パリを小規模にした感じといっていいでしょう。

殆どの観光スポットが徒歩圏内に集中しているため、市内中心に宿泊すれば、
1~2日で効率よく廻ることができます。

高速列車「タリス」などを利用すれば、パリからは最短1時間半でアクセスできますし、アムステルダムや
ベルリンなど近隣の国へも列車で短時間でアクセスできる位置にあるのもブリュッセルの魅力です。

チケットは、オンライン であらかじめ購入することもできますし、ヨーロッパを周遊するのであれば、
ヨーロッパ33か国を移動できる ユーレイル グローバルパス がお得です。
複数の鉄道チケットを買う必要がなくなるので、鉄道の旅がスムーズになります。

ベルギーの4都市 (ゲントブルージュアントワープ 、ブリュッセル)をレイルパスで廻る4泊5日の旅は、
ここが終点です。レイルパスの説明は 別ページ でしていますので、参考にしてみてください。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

Ready to Land
error

Enjoy this blog? Please spread the word :)

タイトルとURLをコピーしました