大型客船シリアラインでストックホルムへ海の旅

siljalineヨーロッパ

ヘルシンキの南港オリンピアターミナルから、バルト海を往復する大型客船シリヤラインで、
スウェーデンのストックホルムまで16時間45分の船旅ができます。

今回は、このシリアラインを北欧・バルト海周遊5泊6日の旅に3度取り入れ、
リラックスした船旅を楽しんでみました。

チケットの購入方法、チェックインの仕方や船内での過ごし方など、個人旅行に簡単に取り入れられ、
飛行機での移動とは一味違った楽しみ方を紹介していますので、参考にしてみてください。

シリヤラインとは?

シリヤラインはバルト海を往復する大型客船で、豪華クルーズ船と同じようなレストラン、
カフェ、パブ、免税店、ショップ、ナイトクラブ、カジノなど1泊するには十分な設備が整っています。

また、移動プラス宿泊なので、リーズナブルでリラックスした旅が楽しめます。

チケットは、シリヤラインのオフィシャルサイトから購入しました。
日本語のページもあるので、分かりやすく簡単に購入できますよ。

シリヤラインのルート

ヘルシンキ・HELSINKI ↔ タリン・TALLINN
ストックホルム・STOCKHOLM ↔ ヘルシンキ・HELSINKI
ストックホルム・STOCKHOLM ↔ トゥルク・TURKU
ストックホルム・STOCKHOLM ↔ タリン・TALLINN
ストックホルム・STOCKHOLM ↔ リガ・RIGA

シリアラインを北欧・バルト海周遊5泊6日の旅に3度取り入れと説明したように、
ヘルシンキ~ストックホルム、ストックホルム~リガタリン~ヘルシンキの3航路を利用しました。

旅行日程に空路だけでなく航路を取り入れることによって、バリエーションにとんだ旅が楽しめます。

ヘルシンキの港

ヘルシンキには西ターミナルと南ターミナルがあり、市内から1~3km離れていますが、
トラムで簡単にアクセスできます。

タリン行きの船が発着するのは、西ターミナル Helsinki West Terminal (Lansiterminaali)で、
ストックホルムの船が発着するのは、南・オリンピアターミナル Helsinki Olympia Terminal
(South Harbor)です。

ストックホルム行きの船に乗るため南港オリンピアターミナル (Olympia terminaali)へ向かいます。

オリンピアターミナルへのアクセス

オリンピアターミナルへは、市内中心地から2番・3番のトラムでアクセスします。
中央駅付近からの距離は1.5km、所要時間は20~30分です。

Olympiaterminaali下車、徒歩5分でターミナルに着きます。

オリンピアターミナル

Olympiaterminaali, helsinki

船の出航は夕方の17時なので、午前中にオリンピアターミナルで荷物を預け、
自動チェックイン機でチェックインを済ませてヘルシンキ市内観光へ出かけます。

オリンピアターミナルの設備

シリヤラインのチケットオフィスとチェックインカウンター、ATM、カフェ、キオスク、
トイレ、ロッカー、ヘルシンキの公共交通機関(HSL)券売機があります。

オリンピアターミナルの公式ページ

ロッカーについて

ロッカーのサイズと基本料金
大きなサイズ(45x60x90) – € 2
小さなサイズ(24x24x77) ‐ € 4

ロッカーの使用期間は最高7日まで、1日ごとに基本料金が加算されます。

ターミナルの有料ロッカーは、あまり数がありません。
私たちは、ターミナル内の売店で機内持ち込みスーツケース1つ につき
€1で預かってもらいました。

チェックインのしかた

Olympiaterminaali, helsinki

窓口でのチェックインは、14:00~17:00です。

出発日であれば好きな時間にチェックインができる機械が設置されているので、
当日の午前中、乗船券兼ルームキーを発行しました。

船を予約した時にクラブワン(Club One)というシリヤラインのマイレージカードのようなものを
作っておくといいと思います。チェックインの時に色々記入する必要が開く、カードを通せば
すべて情報が入っているので、チェックインをスムーズに済ませることができます。
ショッピングのポイントや船内での割引クーポンももらえるし、船上でのショッピングや食事の
ポイントもつきます。

乗船について

乗船開始直後は大変混雑するので、出航30分前ぐらいに乗船するのがお勧めです。

船に入ったロビーにキャビンの番号が提示されているので、そこで自分のキャビンを探します。
チェックインした時に出てきたカードが、自分のキャビンを開けるカギです。

中に入ると広々としたロビーが目に飛び込んできてワクワクしてきました。
透明のエレベーターで8階の部屋までアクセスします。

船内での過ごし方

siljaline

船内にはエレベーターはもちろん、各フロアに簡単にアクセスできる階段が付いています。

ヘルシンキ↔ストックホルム間の客室は、スタンダードキャビン(窓海側/内側)から
贅沢なスイートキャビン(72m²)や、ムーミンのキャビンも用意されています。

部屋の種類は予算に応じて、チケット購入時に選択します。
私は、クラスAの窓から外の景色が見える部屋を選びました。

siljaline

贅沢ではないけど、部屋で休みながら外の景色を眺めるというリラックスした
ひと時を過ごすことができました。

siljaline

出航時は大勢の人で賑わう船の甲板も、1時間くらいたつと散策しやすくなります。
広いテラスを散歩しながら通り過ぎていく小さな島を見送ります。

日没は22時過ぎなので、明るい景色が続きます。

 

siljaline

船内にはショップや免税店があり、ムーミングッズやワインの数も豊富 なので、ショッピングも楽しめます。

siljaline

ディスコやカジノ、子供のためのエンターテインメントも用意されています。

siljaline

夕食は、高級レストランからビュッフェやカジュアルなセルフサービスまで選べます。
時間をずらしていけば、それほど混んでいて…ということもありませんでした。

siljaline

日の出は4時頃です。ストックホルムに近づくと、島のわきを通るので群島の美しい景色も楽しめます。

 

siljaline

まとめ

16時間45分の旅を終えて、ストックホルムに到着しましたが、船から降りるのが惜しい気分でした。
フライトとホテル泊、鉄道の旅とホテル泊という旅行はおなじみですが、
船での移動は、また別の満足感を与えてくれました。

1週間や10日間の豪華船クルーズをしたときは、長い間同じ船に乗ってることに飽きてしまったのですが、
スーツやドレスのディナーなどの義務もないカジュアルクルーズはとても楽しく、
また乗ってみたいな・・・と思いました。

夕方のリガ行きに乗るまで、ストックホルムの観光へ

 

タイトルとURLをコピーしました