江ノ島神社の参拝ルートと見落とせない絶景スポット!

enoshima-shrine,Fujisawa関東

江島神社は、江ノ電沿線にある人気観光スポットの一つです。
日本三大弁財天のひとつで、三つの社殿からなり、江ノ島全体が神社の敷地といってもいいほど、
数々の見学スポットとパワースポットがあります!

また、神社には龍にまつわる多くの興味深い伝説が残されており、縁結び・縁切りのパワースポット
としても有名です。

ここでは、行くまでに知っておきたい江ノ島の散策ルートやパワースポットなどを紹介します。

江ノ島神社とは?

enoshima-shrine,Fujisawa

江島神社は、安芸の宮島、近江の竹生島と並ぶ日本三大弁財天のひとつで、創建は西暦552年と
伝えられています。

神社は、「辺津宮(へつみや)」、 「中津宮(なかつみや)」、「奥津宮(おくつみや)」の三社からなり、
天照大神(アマテラスオオミカミ)と須佐之男命(スサノオノミコト)の誓約で生まれた三姉妹の女神が
祀られています。

ご利益は金運アップ、縁結び・縁切り、人気アップ、商売繁盛など多岐にわたります。

最寄りの駅から江ノ島へ

enoshima-shrine,Fujisawa

江ノ島へ電車で訪れる場合は、小田急線「片瀬江ノ島駅」、江ノ島電鉄「江ノ島駅」、湘南モノレール
「湘南江の島駅」が最寄駅です。

最寄りの駅から「江の島弁天橋」を渡ると、「青銅の鳥居」が見えてきます。

enoshima-shrine,Fujisawa

こちらの鳥居は市指定文化財で、「江島大明神」と記されています。

こちらの鳥居をくぐると、「江ノ島弁天仲見世通り」が江ノ島神社へとまっすぐ伸びています。

弁天仲見世通りには、沢山の食べ歩きスポットやお土産店、雑貨屋さんなどが軒を並べており、
多くの人で賑わう通りです。

瑞心門

enoshima-shrine,Fujisawa

朱色の鳥居をくぐると、龍宮城を思わせる瑞心門(ずいしんもん)が見えてきます。

江ノ島神社は、「カップルで行くと、三姉妹の女神様が嫉妬して別れるらしいよ!」
という話を聞きました。単なるジンクスに過ぎないと思えばいいのですが・・・
鳥居を別々にくぐるようにした方がよいとか、龍口明神社にお参りしてから行くのが良いとか、
色々な説があります。

enoshima-shrine,Fujisawa enoshima-shrine,Fujisawa

一番低地にある「辺津宮(へつみや)」までは、かなりの石段が続きますが、
各石段の切れ目で後ろを振り返ると、素晴らしい景色が見渡せます。

体力に自信のない方のために「エスカー」というエスカレーター(有料)が、三か所に設置されているので、
これを利用すれば、江ノ島神社の3社を楽にお参りできます。

最初の乗り場は朱色の鳥居の手前左手にあります。

enoshima-shrine,Fujisawa

エスカーは上りのみで下りは石段で降りるので、上るときに見れなかった景色を下りで見れますが、
この一区間めは、石段がおススメです。

江ノ島神社と一言で言っても、辺津宮、中津宮、奥津宮の3宮と岩屋をまわるとなれば、
島を一周するわけですから、急な石段を含めて、かなりの距離を歩きます。
岩屋付近の石段を考慮に入れると、2、3区間目はエスカーの利用が得策でしょう。

辺津宮

enoshima-shrine,Fujisawa

まず、最初の社殿が「辺津宮(へつみや)」です。

辺津宮は、一番低地にあることから「下之宮(しものみや)」とも呼ばれるそうで、
三姉妹の三女、田寸津比売命(たぎつひめのみこと)がお祀りされています。

鎌倉時代の前期、鎌倉幕府の将軍・源実朝により創建され、1976(昭和51)年に再建されました。
通常、ご祈祷などの行事は、こちらで行われるそうです。

銭洗白龍王の白龍池

enoshima-shrine,Fujisawa

こちらでお金を洗うと、金運がUPすると言われているので、ぜひ試してみてください。
私は小銭を洗い、お賽銭箱へ投げてみましたが、リバウンドして池に落ちてしまいました。
金運アップは、ちょっと厳しそうです。

enoshima-shrine,Fujisawa

白龍池の向かいの「奉安殿(ほうあんでん)」と言う八角のお堂には、源頼朝が奉納した勝運守護の神様・
八臂弁財天(はっぴべんざいてん)と音楽芸能の神様・妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)が
お祀りされています。

こちらは、2区間目の「中津宮」へむかうエスカーです。
エスカーを利用しない場合は、こちら右手の写真の石段を上ります。
ヨットハーバーの景色が、とってもキレイです!

enoshima-shrine,Fujisawa enoshima-shrine,Fujisawa

私は、「中津宮」へむかう2区間目と山頂付近へ行く3区目のエスカーを利用しました。

 

中津宮

enoshima-shrine,Fujisawa

朱塗りが鮮やかな 「中津宮」は、恋愛のパワースポット!

江ノ島の中腹にあり、創建当時より「上之宮」と呼ばれていました。
ご祭神は、市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)です。

853(仁寿3)年、慈覚大師(円仁)により創建されたと伝えられています。
現在の社殿は、1996(平成8)年、元禄改修時の社殿を再現して建てられました。

enoshima-shrine,Fujisawa

エスカーの3区目で、山頂付近まで上ります。

江ノ島サムエルコッキング苑の前の広場に到着します。

江ノ島サムエルコッキング苑内の江ノ島シーキャンドルに登れば、江ノ島の絶景が楽しめますが、
人気カフェレストラン『イルキャンティカフェ江ノ島』の上にある展望スペース(無料)からも
富士山と江ノ島の海を眺められます。

また、江ノ島では例年11月下旬~2月下旬まで3ヶ月にかけて長期のイルミネーションが開催されるので、
その時期に合わせて訪問すると、また違った江ノ島を散策できます!

enoshima-shrine,Fujisawa

江ノ島を訪れる人の多くは、江ノ島サムエルコッキング苑を目指してくるでしょうが、ここでUターンして
帰路につかないでください! ここからは、もっと楽しい江ノ島散策ルートになります!

まず、御岩屋道通りを「奥津宮」に向かって進みます。

enoshima-shrine,Fujisawa enoshima,Fujisawa

御岩屋道通りは、オシャレなカフェやレトロな雑貨屋さんが点在していて、仲見世通りより人が少なく
ゆったりしているので、とても楽しい散策ができます。

奥津宮

enoshima-shrine,Fujisawa

江ノ島神社の中でも1番奥地にある「奥津宮(おくつみや)」には、海を守る神・多紀理比賣命
(たぎりひめのみこと)が祀られています。社殿は1841年に焼失し、翌年1842年に再建されました。

これで、「宗像三女神」全てにお参りしたので、江ノ島神社にお参りしたことになります。

拝殿天井に描かれている「八方睨みの亀」は、どこから見てもこちらを睨んでいるように見えることから
「八方睨みの亀」と呼ばれるようになりました。

龍宮

enoshima-shrine,Fujisawa

龍神を祀った「龍宮(わだつのみや)」は、三女神様が奉納された江ノ島神社発祥の地である「岩屋洞窟」
の真上に位置しているので、神社の中でも最強のパワースポットだそうです。
ご祭神は、龍王大神様。ご利益は子宝・安産です。

「太平記」や「足利治乱記」などで、江ノ島神社の龍にまつわる多くの伝説が記されています。

さて、龍宮に参拝したあとは、御岩屋道を「岩屋洞窟」へと向かいます。

enoshima-shrine,Fujisawa enoshima-shrine,Fujisawa

急な石段を下りながら、ふと帰り道の心配をしてしまいました。
帰り道は、これを上って帰るんだな~って・・・

天気の良い日には、稚児ヶ淵と江ノ島弁天橋をつなぐ「べんてん丸」という船が出ているので、
急な石段を上らずに帰ることも出来ますが、強風などで波が高いと運休することがあるので、
もしもの場合は、石段を上って帰る覚悟で前に進みましょう!
べんてん丸の運行状況を見る

稚児ヶ淵(ちごがふち)までくると、富士山の見える絶景が広がっています。
夕暮れは、特に美しい景色が期待できるので、是非その時間帯を狙ってきてみてください!

enoshima-iwaya enoshima-iwaya

引き続き岩屋洞窟へと進みます。

岩屋

enoshima-iwaya

江島神社発祥の地「岩屋(いわや)」。
この岩屋洞窟は、江ノ島の最奥部に位置しており、弘法大師や日蓮が修行をしたり、源頼朝が戦勝祈願や
北条時政が子孫繁栄を祈って参籠した場所です。また、縁切りのパワースポットでもあります!

岩屋については、別のページで紹介しています。
龍神伝説の残る江ノ島神社発祥の地「岩屋」の見学スポット!

基本情報とアクセス

江ノ島神社

所在地:藤沢市江の島2丁目3番8号
受付時間:8:30~17:00
アクセス:小田急線「片瀬江ノ島」駅、江ノ島電鉄「江ノ島」駅、湘南モノレール「湘南江の島」駅
から徒歩約15~23分
江ノ島神社公式ページ

まとめ

江ノ島は以前夏に訪れたことがありますが、今回年明けに訪れて、夏より冬の方が良いと思いました。
冬は強風と寒さは避けられませんが、夏であれば雲隠れしてしまう富士山が今回きれいに見えたことと、
イルミネーションが開催されていたことでした。

江ノ島には、沢山の神社の社殿や洞窟、庭園や展望台など見学スポットがたくさんあり、
すべてを見るのに半日はかかるので、ゆっくり時間をもって訪れてくださいね!
とても楽しいミニ冒険が楽しめます!

タイトルとURLをコピーしました