ドラマのロケ地にもなった「名古屋市市政資料館」ではリアルな監獄もみれる?!

Nagoya City Archives and Museum北陸・中部

有名なドラマのロケ地にもなったことで知られる「名古屋市市政資料館」は、名古屋市東区の

閑静な住宅街に立地します。

赤と白のコントラストの美しい煉瓦造りのレトロな建築物で、国の重要文化財にも指定されています。

こちらの市政資料館では、控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎が1つの建物内にあり、
法廷の様子から留置場まですべて無料で見学できるということで訪れてみました。

名古屋市市政資料館とは?

Nagoya City Archives and Museum

現存する最古の控訴院庁舎として1984年5月21日に国の重要文化財に指定された「旧名古屋控訴院庁舎」。

日本全国に8つ建設されたという控訴院の建物のうち、現在存在しているのは
この名古屋と札幌のみだそうです。

控訴院(こうそいん)とは?
控訴院は、明治憲法下で大審院の下級、地方裁判所の上級に置かれた裁判所で、
現在の高等裁判所にあたります。

当時の裁判所は、大審院、控訴院、地方裁判所、区裁判所にわかれていましたが、1922(大正11)年
それまで別々に設置されていた控訴院と地方裁判所、区裁判所を一ヶ所に集めた庁舎が完成し
「名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎」と呼ばれました。

戦後「名古屋高等裁判所」および「地方裁判所」として活躍しましたが、1979(昭和54)年
その機能が移転し、1984(昭和59)年市政資料館として整備されることになったそうです。

ドラマのロケ地にもなった!

Nagoya City Archives and Museum

名古屋市市政資料館は「華麗なる一族」や「花より男子」、「坂の上の雲」など有名なドラマのロケ地に
なった場所なので、テレビで見た方もいるのではないでしょうか?

私は見なことがないのですが、「ドラマのロケ地」という言葉に興味をそそられやってきました。

名古屋市市政資料館の見学スポット

名古屋市市政資料館は、控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎が1つの建物内にあるので、
裁判の様子から留置場まですべて見学できます。

中央階段

Nagoya City Archives and Museum

入り口を入ると美しいステンドグラスと3階まで吹き抜けになった開放的なシーンに目を奪われます。

左右対称の造りに茶色と黄色のツートンカラーの柱が建てられた、吹き抜けの構造は、
19世紀後半によく使われたネオバロック様式という建築様式が取り入れられています。

Nagoya City Archives and Museum

正面や天井を飾る美しいステンドグラスは、ただの装飾ではなくそれぞれ意味のあるものだそうです。

階段正面のステンドグラスは「罪と罰がつり合う天秤」のモチーフで、「罪を犯せば必ず罰せられる」
という裁判が公平に行われることを意味しています。

Nagoya City Archives and Museum

天井には、公明正大を表す太陽のモチーフです。
美しいというだけでなく、その意味を知ることによって見学がもっと楽しくなりますね!

そのステンドグラスに惹かれて、上階の展示室へと向かいます。

Nagoya City Archives and Museum

当時の法廷を再現

Nagoya City Archives and Museum

時代ごと行われていた裁判の様子がマネキンで再現されています。

服装なども年代ごとに違い、その年代にどのよのような形で法廷が機能していたのかなど、
普通の生活ではめったに見れない裁判の風景を見ることができる貴重な展示です。

Nagoya City Archives and Museum

その他の展示室には裁判所の資料や、閲覧室には公文書や行政資料、市史資料が公開されています。
豪華に装飾された会議室の調度品なども、その時代を知る貴重な展示の一つです。

Nagoya City Archives and Museum Nagoya City Archives and Museum

フロアの展示室を一通り見学した後は、地下の留置場へと向かいます。

地下留置場

Nagoya City Archives and Museum

階段を降りると、薄暗くひんやりとした空気が漂います。

他のスペースとは造りも違い、MARVEL映画の1シーンを見ているようで、とても不気味な雰囲気です。

このフロアに来た時は、私のほかに誰もいなくて、来てはいけないところに侵入したようでしたが、
監獄の内部も見学できます。

Nagoya City Archives and Museum

こちらは独房です。30~40年前までは、実際に使われていたのでリアルに残されています。
法廷もそうですが、牢獄の見学などは通常できない経験なので、貴重な展示が見れて勉強になりました。

 

基本情報とアクセス

Nagoya City Archives and Museum

所在地:愛知県東区白壁1丁目3 Google Map で確認する
TEL:052-953-0051
見学時間: 9:00~17:00
休館日:月曜日(休日の場合は直後の平日)、第3木曜日(休日の場合は第4木曜日)、12月29日~1月3日
入館料:無料
駐車場:無料 普通車12台、大型バス2台

公共交通機関でアクセス

  • 地下鉄名城線「市役所」2番出口から東へ徒歩8分
  • 名鉄瀬戸線「東大手」から南へ徒歩5分
  • 市バス・メーグル「市政資料館南」から北へ徒歩5分
  • 市バス「清水口」から南西へ徒歩8分
  • 市バス「市役所」から東へ徒歩8分

詳しい情報

まとめ

ドラマのロケ地になったという事で興味半分に訪れてみたのですが、当時の法廷の内容や、
資料、留置場まで素晴らしい展示がされていて、勉強になりました。

すべての展示を無料で見学できるので、それがもっと素晴らしいことだと思います。
名古屋城や徳川園の観光スポットにも近いので、ぜひ足を運んでみてください!お勧めです!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

error

Enjoy this blog? Please spread the word :)

タイトルとURLをコピーしました