いまさら聞けないPayPayってなに?

ライフスタイル

PayPay(ペイペイ)ってなに?

キャッシュレスやコード決済がかなり浸透している社会で、いまさら聞けない・・・
というのが真実ですが、「名前は聞いたことあるけど、どんなサービスなのかよく知らない。」
という人も、まだ意外と多いのではないでしょうか?

このページでは、PayPayとは一体どんなサービスなのか、気になる仕組みや使い方、そして
メリットやデメリットなどを紹介していきます。

PayPayとは?

PayPay(ペイペイ)は、2018年からスタートしたヤフージャパンと (株)ソフトバンク式会社が提供する
コード決済サービスです。

PayPay取り扱い店舗であれば、スマホアプリで支払いができるのが特徴です。

スマホに表示されたバーコードを店員に見せるか、
店頭に掲示されたQRコードを読み取ることで決済を行うことができます。

PayPay(ペイペイ)登録の手順

 

PayPayを利用するには、まず無料アカウントを作成します。

1.アプリからPayPayアプリをダウンロードします。(AppleStore、GooglePlay)
2.アプリを起動して、携帯電話番号とパスワードを入力

携帯電話番号の登録が必要です。

3.SMSで認証コードを受信
4.受信した4桁の認証コードを入力

これで登録完了です!

 

支払方法を設定する

一般的な支払方法は、銀行口座の登録、セブン銀行ATMを利用した残高チャージ方法があります。

銀行口座の登録(推奨)

PayPayの支払い方法の中で一番おすすめなのが、銀行口座からの支払いです。
銀行口座を登録すると、いつでもPayPay残高をチャージできるので便利です。

また、使った分だけが口座から即時に引き落とされるように設定することもできます。

設定方法

PayPayアプリを起動する。
1.ホーム画面の[その他]を選択します。
2.[銀行口座登録]を選択します。
3.登録する銀行を選択します。
4.支店名、口座番号、口座名義を入力して、
5.登録内容を確認して[登録手続きをする]を選択すると、
各銀行のページが開くので、指示に従って手続きを進めれば、口座登録完了!

セブン銀行ATM

現金でチャージしたい人は、セブン銀行ATMを使って現金で残高チャージをすることができます。

セブン銀行の口座を持っている必要はありません。

設定方法

 

1.セブン銀行ATMで[スマートフォンでの取引]を選択します。
2.PayPayアプリで[チャージ]を選択します。
3.[セブン銀行ATM]を選択してATMに表示されたQRコードを読み取ります。
4.アプリに表示された番号をATMに入力します。
5.ATMにチャージする金額分を入金します。
6.入金額を確かめて[確認]を選択すればチャージ完了!

 

残高が反映しないのですが・・・

残高が反映しない場合は、アプリの更新ボタンをクリックします。
1度にチャージできる金額は最大50万円です。

お店で支払う

支払方法を設定したら、PayPay加盟店で使ってみましょう。
決済方法はお店によって異なりますが、操作は簡単です。

QRコードを見せる方法

1.PayPayアプリのホーム画面の[支払う]を選択します。
2.画面を店員に見せ、バーコードを読んでもらって支払い完了です!

お店のQRコードを読み取る方法

1.PayPayアプリのホーム画面の[スキャン]を選択します。
2.お店に置かれたQRコードを読み取ります。
3.金額を入力後、画面を店員に見せ[支払う]を選択すれば支払い完了です!

PayPay(ペイペイ)に手数料はかかる?

気になるのが手数料ですが、PayPay(ペイペイ)を利用して手数料が発生することは一切ありません。
無料サービスです。

PayPay(ペイペイ)が使えるお店

PayPay(ペイペイ)は日本最大のスマホ決済サービスで、各種コンビニ、飲食店、百貨店、書店、
ドラッグストアやスーパー、ホテルなど220万店舗での利用が可能です。

さらにPayPayアプリを使って、利用可能店舗を地図から検索することもできます。

ただし、海外で使うことはできません。

PayPay(ペイペイ)のメリット

 

1.手数料無料
PayPayは、手数料無料でアカウント作成、また決済利用ができる無料のサービス

2.ポイント還元がある
利用に応じて0.5~1.5%の額がポイントとして還元されます。
ポイント還元は、PayPay残高を使って支払った場合のみが対象です。

3.マイナポイントの受け取りができる
総務省が実施するマイナンバーカード取得者を対象としたポイント還元キャンペーン
「マイナポイント」をPayPayで受け取ることができます。
PayPayで登録すると、マイナポイントとして「チャージ額」または「利用額」の25%
(最大5,000円相当のPayPay残高)が付与され、お買い物に利用することができます。

4.キャッシュレス決済サービスの中では、使えるお店が多い。

5.PayPayユーザー間で送金ができる。
PayPayアカウントを持っているユーザー同士で送金ができます(PayPay残高のみ)

このサービスは、国内のみです。

 

PayPay(ペイペイ)のデメリット

 

1.まだ利用できない店舗も多い
クレジットカードを使えるお店に比べると、PayPayはまだまだ利用できない店舗が多くあるので、
利用できる店舗をあらかじめ確認しておきましょう。

2.海外送金・海外利用はできない
PayPayは日本国内での利用を対象にしたサービスなので、海外利用や送金はできません。

まとめ

QRコード決済サービスPayPay(ペイペイ)のサービス内容を紹介しました。

PayPayは、事前に支払方法を登録しておくことで、店舗ではスマホ1つで支払いができる
身軽で便利な日本国内のサービスです。

海外では利用できませんが、ポイント還元やユーザー同士で送金できることも
便利なサービスを無料で提供しているのも魅力的です。

タイトルとURLをコピーしました