いってみたいイタリアの街

イタリアはヨーロッパの南部に位置し、地中海に伸びる長靴のような地形をした半島とサルデーニャ島、シシリー島など周辺の島を合わせ20州から形成されている共和国です。
言語はイタリア語、通貨はユーロです。

気候は日本と似ていて4季に分かれていますが、日本と比べると湿気が少なく過ごしやすい気候です。時差は、夏季7時間、冬季+8時間遅れです。

イタリアには、ローマやヴェネツィア、ミラノ、フィレンツェ、ナポリ、ピサなどの有名観光都市からシエナ、オルヴィエートなど、あまりメージャーではない街でも観光スポットが沢山あり、
長い歴史と多くの芸術家が活躍したイタリアは、世界一の世界遺産の所有国でもあります。

ここで紹介する都市は、私たち親子が近年訪れた都市です。

ROMA [ローマ]

Trevi Fountain, Rome

  ローマは1日にしてならず・・・

といわれるように、ローマは2000年以上の深い歴史があります。

そして、現在のローマは古代ローマの上に造られた都市なので、街の所々でローマ時代の遺跡を
目にすることがあります。そして、コロッセオやトレヴィの泉、スペイン階段、真実の口など
ローマの観光スポットは半径5キロメートルの目に見えない円形の中に点在しているので、
2~3日もあれば必見モニュメントを制覇することができます。

これだけは見たい!ローマの2日観光スポットの記事を読む

FIRENZE [ フィレンツェ ]

Florence Italy

フィレンツェは、フィレンツェを支配した銀行家・政治家であった絶大な権力者
メディチ家の支援のもとでミケランジェロ、ボッティチェリ、ドナテッロ、ヴァザーリなどの
偉大な芸術家が多くの傑作を生みだした場所です。

ドゥオーモ曰く、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、ウフィッツィ美術館、
ポンテヴェッキオ、アルノ川などルネッサンス時代の華やかな姿を残すフィレンツェは、
1年中国内外からの観光客が押し寄せ、何度行っても見学する場所の絶えない魅力的な街です。

ローマから高速列車でアクセスできるので、日帰り観光もできます。

SIENA [ シエナ ]

シエナは、13~14世紀フィレンツェと激しい覇権抗争を繰り広げながら、ヴェネツィア、
ピサ、ジェノヴァとの金融取引で莫大な富を得た街です。

シエナの歴史地区は街ごと世界遺産に登録されていて、まるで中世にタイムスリップしたよう。
また、カンポ広場では年に2回(7月2日、8月16日)馬を用いて行われる祭り(日本で言うと競馬のようなもの)、パリオ祭が開かれることでも有名です。

ローマやフィレンツェからのアクセスも良く、日帰りで観光することもできます。

TORINO [ トリノ ]

Turin Italy

トリノは、イタリアの西北部に位置するイタリアで4番目に大きな都市です。

そして、トリノといえばイタリアを統一したサヴォイア家が築いた街、
その後、イタリアの自動車メーカー「FIAT・フィアット」が拠点を置き大産業都市となり、
2006年冬季オリンピックの開催都市として、世界的に名前が知られました。

その他、強豪サッカーチーム「JUVENTUS(ユヴェントス)」やトリノの有名なチョコレート
「Gianduiotto(ジャンドゥイオット)」、エジプトのカイロ、ロンドンに次ぐ重要な遺産を所蔵するエジプト博物館などトリノを語るには話題が尽きません。

ORVIETO [ オルビエート ]

Orvieto Italy

ローマから日帰りで気軽に行けるウンブリア州のオルビエートは、ローマ時代の貴重な遺跡や
エトゥルリア人の歴史にも深くかかわり、ローマ教皇の避難場所ともなりました。

凝灰岩の断崖絶壁に造られた美しい丘上都市オルビエートの石畳でできた小さな路地は、
都会の観光地では見られない中世の美しい面影が残っています。

イタリアのゴシック建築を代表するオルヴィエート大聖堂や16世紀のローマ劫掠(Sacco di Roma)の際に造られた井戸も見学スポットの一つです。

MILANO [ ミラノ ]

Milan Italy

ミラノはイタリア北部ロンバルディア州にあり、イタリアで2番目に大きな都市です。
ファッション、デザインの世界的中心であり、金融の街でもあります。

観光スポットの多い街というイメージはあまりないのですが、ドゥオーモ、
ヴィットリオ・エマヌエーレ II 世のガレリア、世界遺産に登録されたレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が見られるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会付属の修道院の食堂などが
人気の観光スポットになっています。

イタリアやヨーロッパを格安に移動する交通手段

次は、移動手段についてお話します。
ヨーロッパは陸続きなので、格安の長距離バスや列車を使ってイタリア国内や
ヨーロッパの国へ簡単にに移動できます。
そこで、空や陸から格安に移動できるヨーロッパの交通機関を3つピックアップしてみました。

Trenitalia [ トレニタリア ]

Trenitalia

イタリアの主要観光都市の移動に欠かせないトレニタリア

多くの旅行者のイタリアへの空路の入り口は、ローマかミラノだと思いますが、
そこから数日でローマ、フィレンツェ、ナポリ、ミラノ、ヴェネツィアなど
イタリアの人気都市を廻るのなら鉄道の利用は欠かせません。

チケットを駅の窓口や券売機で購入していた時代から、スマートフォンで購入してQRコードを
表示するのが当たり前の時代になりつつあるように、ローマ~ミラノ間が3時間弱でつながり、
トレニタリアとイタロを合わせると、1日約70本以上の列車がローマ~ミラノ間を走っています。

列車の速度が速いほど料金も上がりますが、同じ場所に行くにしても
オンラインから早期購入することによって、低価格でチケットを購入することができます。

Flixbus [ フリックスバス ]

Flixbus

ヨーロッパ主要観光都市の移動に欠かせない格安長距離バス

フリックスバス(FLiXBUS)は、ヨーロッパを格安に旅するには欠かせない長距離バス会社です。
28か国2000か所を繋ぎ、1日35万便が運行されています。

Although traveling by bus is usually cheap, it has the disadvantage that it takes longer than trains, but if there is
no direct high-speed trainand youneed to transfer trains, the
time required will not change evenif you use thebus. Some trips can be much cheaper than trains.

 

Ryanair

Ryanair

Cheap air travel in Europe with Ryanair

Ryanair is one of
Europe’s largest low-cost carriers in Ireland with2,400international passengerflights, connecting 200 airfields in 40 countries.

Most of our trips to Europe use this Ryanair.

In the sense of this cheapness, most low-cost carriers and coaches
can buy cheap tickets by buying them months in
advance,but on thedayofdeparture or a few days before departure. If so, it is
setto pay a fee that is almost the same as or higher than other airlines.

So, “early purchase = cheap”.

 

Ready to Land
タイトルとURLをコピーしました