函館市旧イギリス領事館で開港の歴史を学ぶ

Hakodate Former British Consulate北海道・東北

歴史的建造物が数多く立ち並ぶ異国情緒あふれる元町エリアにある「旧イギリス領事館」は、
1934年(昭和9年)まで領事館として任務を果たしてきました。

1992年に改装され開港記念館として一般開放された、函館の人気観光スポットのひとつ
「旧イギリス領事館」の見どころを紹介します。

旧イギリス領事館とは

Hakodate Former British Consulate

旧イギリス領事館は、1859年(安政6年)函館の開港とともにアメリカ、ロシアの領事館に次いで、
市内で3番目に現在とは異なる場所に仮設されました。

その後、1863年(文久3年)にこの場所に移され新築されていますが、何度かの大火に見舞われ、
現在の建物は1913年(大正2年)に建造されたものです。

1992年(平成4年)に旧イギリス領事館の建物は復元され、函館市の有形文化財にも認定され、
現在は体験型の記念館として開港の歴史を伝えています。

領事執務室

Hakodate Former British Consulate

領事執務室や家族居室は、3代目領事のリチャード・ユースデン氏が使用していた頃の様子を再現しており、
調度品に触れたりすることができます。

家族居室

Hakodate Former British Consulate

イギリスのティータイムを演出し、函館を愛したユースデン夫人の功績や人柄を紹介しています。

開港ミュージアム

Hakodate Former British Consulate

開港ミュージアムでは、ペリーの黒船来航をきっかけに日本で初の国際貿易港として開港するまでの
歴史がパネルで展示されています。

フロアには、船で波にゆられている様な気分が楽しめるイスや木樽のスコープが展示されており、
スコープを覗き込むと明治時代の動画をユニークな音楽とともに楽しむことができます。

Hakodate Former British Consulate

開港記念ホール

Hakodate Former British Consulate

開港記念ホールでは、「箱館真景」をモチーフに開港当時の箱館を表した世界地図(鳥瞰図)が
床一面に描かれており、ペリー来航時のルートを辿ることができます。

Hakodate Former British Consulate

開港後の函館を訪れた西洋人を人型切出しパネルで展示し、西洋人でにぎわう当時の函館の演出や
人型切出しパネルで、記念撮影する事もできます。

Hakodate Former British Consulate

英国をイメージするヴィクトリアン調にデザインされた「あずまや」とブロンズの噴水の様式庭園には、
18種45株のバラに囲まれたローズガーデンがあり、ベンチで一休みできるスペースも設けられています。

また、館内1階には本場イギリスの紅茶や焼き菓子が楽しめるティールームや英国雑貨のショップがあり、
庭園とショップは無料スペースになっています。

この周辺のお勧めホテル

函館ベイエリアのお勧めホテル「ラビスタ函館ベイ」

レトロな人気観光地「金森倉庫」まで徒歩3分のベイエリアに立地するホテル!

百万ドルとも称されるロマンチックな函館の夜景を一望できる広々とした大浴場と
露天風呂や新鮮な魚介類をお好みでトッピングできるバイキング形式の朝食が大人気!

ラビスタ函館ベイの宿泊プラン一覧をみる

 

函館関連記事:函館・湯の川温泉の守り神「湯倉神社」でなでウサギと開運小槌祈願!

「木こり伝説」が伝わる湯の川温泉の守り神湯倉神社には、撫でウサギや開運小槌祈願、
イカすみくじやウサギみくじなどユニークなおみくじやお守りが盛りだくさん。

函館市旧イギリス領事館へのアクセス

住所:北海道函館市元町33-14

開館時間:9:00~19:00(4月~10月)、9:00~17:00(11月~3月)
休館日:年中無休
入場料:大人300円、学生150円

[ 交通アクセス ]
JR:函館本線函館駅から車で約8分
市電:末広町停から徒歩約5分

函館市旧イギリス領事館公式サイト

タイトルとURLをコピーしました