宇宙空間が体験ができるコンセプトカフェ「ソラユメ・神戸」

kobe sorayume近畿

最近話題になっている「コンカフェ」。「コンカフェ」とは、コンセプトカフェのことで、
店員さんがメイドや執事にコスプレしていたり、猫やフクロウなど動物と和やかな時間を過ごしたり、
ガンダムカフェのように映画やアニメなどとコラボレーションしていたりと個性豊かなお店が
続々とオープンしています。

今回は、昨年の12月に神戸の元町にオープンしたプロジェクションマッピングで宇宙空間が体験できる
コンセプトカフェ「SORAYUME (ソラユメ)」に行ってきました。

プロジェクションマッピングとは?

プロジェクションマッピングとは、映画館のような専用のスクリーンではなく、凹凸のある壁面や、
空間、建築物・家具などの立体物の表面にプロジェクターで映像を投影する手法のことで、
商業施設やイベントの空間演出など様々な場所で注目を集めています。

初めてプロジェクションマッピングの素晴らしい映像を見たのは、2015年のミラノEXPOでした。
イタリアのミラノで開かれた「地球に食料を、生命にエネルギーを」をテーマにした国際博覧会では、
円筒形のオブジェに滝を表現したり、水田の1年間を表現するというプロジェクションマッピングで、
来館者を四季豊かな日本の大地へ誘い、5時間待ちの列ができたことを思い出します。

SORAYUMEってどんなところ?

ソラユメは神戸大丸や南京町の近くに位置し、ショッピングや食事の後でも気軽に訪れることができ、
大人だけでなく、子供も楽しめるコンセプトカフェです。

100坪という関西最大級の規模で、プロジェクションマッピングによる宇宙空間が楽しめます。
室内装飾や入り口、フロア、エレベーター、そしてメニューまで、すべて宇宙をテーマにしています。

とても可愛い雲の入り口から、店内に入ります。

検温ロボットがお出迎え

コロナ対策として、入り口ではかわいいロボット君が体温検査をします。
その先へ進むと空間に流れる滝のベールが現れて、プロジェクションマッピングで作り出された
宇宙空間へと入っていきます。

kobe sorayume

宇宙空間を体験するエレベーター

流星群の中を突き抜けるエレベーターに乗って、宇宙へと出発します。
宇宙空間フロアでは、インスタ映えする360°の宇宙空間が待っています。

映像で造られた宇宙の世界は、とっても幻想的でフォトジェニックなスポット!
時々、かわいい宇宙飛行士のパンダちゃんたちもご挨拶にやってきます。

kobe sorayume kobe sorayume

宇宙をテーマにしたスイーツは、神戸洋藝菓子ボックサンのシェフによって監修されたもので、
メニューにもこだわりが見られます。

kobe sorayume

SORAYUMEへのアクセス

住所:神戸市中央区栄町通1丁目2−1
営業時間:11:00~19:00
入場料:大人(中学生以上)600円 / こども(3歳以下無料) 300円
公式サイト

関連記事:いってみたい神戸の人気観光スポットを紹介しています!

まとめ

いかがでしたか、ソラユメ?

コロナの影響で移動や時間の規制が多く、以前のライフスタイルがずいぶん変わってしまうことで、
ストレスの溜まっている人も多いのではないかと思います。

毎日耳にする暗いニュースで滅入ってしまいそうな時、現実から離れた幻想的な世界で、
オシャレで美味しいスイーツやドリンクを楽しみながら過ごす時間も必要なのではないでしょうか?

このほかプロジェクションマッピングの体験型美術館として、東京のお台場(青海)に「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」や淡路島には、全長約1.2kmの暗い森の中を
自らの足で歩いて体験する「ナイトウォーク 火の鳥」という手塚治虫の「火の鳥」をテーマにした
アトラクションも面白い企画だと思いました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました