レールパスで廻るベルギーの4都市・4泊5日の旅

ベルギー

ベルギーは国土がそれほど広くなく、フランス、オランダ、ドイツに囲まれていることから
高速列車で他国へのアクセスや街から街への移動も短時間でできる魅力的な立地。

ベルギーを訪問する旅行者の多くは、首都ブリュッセルを起点として、ゲント、ブルージュ、
アントワープなど北部を廻るのが定番となっています。
どの都市もブリュッセルから1時間以内で行けるので、一度の旅行で何都市も廻ることが可能です。

今回私たち親子は、ベルギーのレールパスを利用してブリュッセル、ゲント、ブルージュ、
アントワープを4泊5日で廻ってきました。

ベルギー4泊5日の日程

Blussels

1日目: ブリュッセル・ザベンテム空港(Zaventem Airport)到着
列車でゲント(Gent)へ → ゲント市内観光 → 列車でブルージュ(Brugge)へ ┄ ブルージュ泊

2日目: ブルージュ観光 → 列車でブリュッセル(Brussels)へ ┄ ブリュッセル泊
3日目: 終日ブリュッセル観光 ┄ ブリュッセル泊

4日目: 列車でブリュッセルから日帰りでアントワープ (Antwerp)へ ┄ ブリュッセル泊

5日目: ブリュッセル・ザベンテム空港からローマへ

ベルギー・レールパスとは?

Blussels Airport Zaventem

ベルギーのレールパスを、娘と2人で使用してみました。

ユーレールパスとは違い、身分証明書なども必要なく現地で購入できます。

レールパスとは、一定料金で列車を10回利用できる回数券のようなものですが、
10枚切り離れた切符ではなく、1枚の切符に10行 行き先を記入できるようになっています。
このレールパスは、1人1枚ではなく、2人以上のグループで利用できます。
SNCBの公式サイトでRail Pass について確認できます(英語)

座席は2等車で予約なし。列車は殆ど2等車で、1等車は1両しかなかったと思います。
1等車を利用するのは、車内でコンピューターなどを使って仕事をするビジネスマンや
人ごみを嫌がる人たちが利用するらしいので、学生や旅行者はほとんど乗っていないようです。

時間帯や行先にもよりますが、比較的すいていて座れる可能性が多いです。

ベルギー・レールパスの購入場所と料金

brussels zaventem airport

2019年8月現在の料金は €83、国鉄の駅の窓口でしか購入できません(自動券売機不可)。

私達は、ザベンテム空港の地下にある国鉄の駅の窓口でレールパスを購入しました。
あいにく待ち時間も短時間で済み、パスの記入の仕方も教えてもらったのでラッキーでした。

空港駅から直接レールパスを使う場合は、
DIABOLO(ディアボロ)という追加チケットを
購入する必要があります。

通常 ザベンテム空港~ブリュッセルまでは、1人 €8.90。 ディアボロは、1人 € 5.40です。

そして、レールパスに出発地と行き先を記入すれば、1回目が完了です。
この場合、出発地はBXL AIRPです。

ベルギー・レールパスの使い方

Rail Pass Belgium

列車に乗る前もしくは、検札員が来るまでに曜日、日付け、出発地、目的地の4項目を記入します。

私たちは2名で使用したので、2行同じ内容(2名分)記入する必要があります。

①② ブリュッセル空港▶ゲント
③④  ゲント▶ブルージュ
⑤⑥ ブルージュ▶ブリュッセル
⑦⑧ ブリュッセル▶アントワープ
⑨⑩ アントワープ▶ブリュッセル

検札員は必ずと言っていいほど検査に来るので、記入をするのをお忘れなく!

Blussels Airport Zaventem

通常、鉄道の駅には改札がありませんが、空港駅にはこのような改札機があります。

日本と同じように入る時も出るときにもチケットを挿入するシステムになっていますので、
チケットを失くさないように注意してください。

Train, Belgium

時間帯やルートによって古い車両から新しい車両、1階建や2階建ての列車も走っています。

空港からブリュッセル中央駅までは、ゆったりとスーツケースを置いて4人掛けの席に座っていたのですが、
ブリュッセルからはどんどん人が乗り込んできて、車両は満員!
JRの大阪~三宮間の新快速ラッシュアワーの状態になってしまいました。

午前10:30頃ですよ!

空港駅から1時間3分、最初の目的地 ゲント・シント・ピーテルス駅 に到着しました。

コインロッカーに荷物を預けて、ゲントの観光へと出かけます。

 

タイトルとURLをコピーしました