島ごと世界遺産! ベルリン博物館島の見学スポット

博物館島、ベルリンドイツ

ドイツ・ベルリンを横断するシュプレー川に浮かぶ博物館島は、島自体が世界遺産に登録されています。
名前通り博物館島には、5つの美術館が併設されています。

このページでは5つの博物館の特徴と、訪問した2つの博物館の館内を紹介しています。

博物館島について

博物館島には、ペルガモン美術館や新博物館、 旧ナショナルギャラリー、旧博物館、ボーデ博物館といった
世界文化遺産に登録される5館の美術館・博物館があります。

ドイツの有する貴重な芸術品が展示されており、そのスケールは非常に大きく5館を見て廻るには、
まる1日かかります。

博物館島へのアクセス

最寄りの駅
電車(S-bahn)でアクセス : [Friedlrichstr./HackescherMarkt]
バス(Bus)でアクセス: 100,200 [Lustgarten ]

博物館のチケット料金

一般学生(19歳~)
ペルガモン美術館€ 12€ 6
新博物館€ 12€ 6
旧ナショナルギャラリー€ 10€ 5
旧博物館€ 10€ 5
ボーデ博物館€ 10€ 5
1日博物館共通券 (5館共通)€ 19€ 9.50

18歳以下は見学無料です。詳しい料金は、美術館公式サイトへ

美術館や博物館を観光目当てで来る場合、ペルガモン美術館を見ないという人はないと思うので、
1日で博物館島にある2つ以上の博物館 (美術館) を駆け足で見るにしても博物館共通券がお得です。

ローシーズンでも美術館のチケット売り場には列ができていて、多少は並びます。
時間のロスを防ぐには、オンラインでもチケットの購入をお勧めします。

ペルガモン美術館

ペルガモン美術館、ベルリン

古代ギリシアや古代中近東の世界有数のコレクションを誇るペルガモン美術館。
遺跡を館内に再現してしまうというスケールの大きな博物館で、
博物館や美術館に興味のない人でも、ここだけは見る価値があります。

★ オーディオガイドは料金に含まれています。(日本語あり)

写真(上)1階上がると目に飛び込んでくるコバルトブルーの「イシュタル門」。
新バビロニアの首都バビロンの入り口にあった門が再現されおり、そのスケールの大きさに驚かされます。

ペルガモン美術館、ベルリン

写真(上)「ミレトスの市場門」を復元展示したもの。

120年に造られた大理石の門は、ミレトスの南市場に設置されていたもの。
コリント様式の円柱とローマ時代の建築が見られます。

ペルガモン美術館、ベルリン

写真(上) ペルガモン神殿の囲いとなっていた列柱廊。
柱の両脇にある頭部像は、ペルガモンを統治したローマ皇帝のトラヤヌス(右)とハドリアヌス(左)。

ペルガモン美術館、ベルリン

列柱廊のバルコニーから見るミレトスのモザイク床は、ローマ様式のモザイク画。
ギリシャ神話の「オルペウス」の物語をテーマにしています。

ペルガモン美術館、ベルリン ペルガモン美術館、ベルリン

この後、古代西アジア、イスラム芸術の展示物…と続きます。

ペルガモン美術館、ベルリン

ペルガモン美術館、ベルリン ペルガモン美術館、ベルリン

アッシリアの王アッシュールナツィルパルの宮殿を見張っていた門番「ラマッス像」。
オリジナルが、ロンドンの大英博物館にあります。

ペルガモン美術館、ベルリン

ムシャッタ神殿。初代イスラム王朝のウマイヤ朝時代に造られた砂漠の宮殿は、約1300年前に
造られたもの。

ペルガモン美術館、ベルリン

残念ながら、「ペルガモンの大祭壇」は、修復中で見学不可能ですが、
じっくりと見学しなくても、1時間半以上かかりました。

ゆっくりと見学するのなら、2~3時間の余裕を持って行くことをお勧めします。

エントランスの手前にロッカールームがあるので、そこに荷物を入れて身軽に見学をしましょう。
コインロッカーは、使用時 €1が必要ですが、出すときには戻ってきます。

ドイツの公衆トイレはどこも有料ですが、ここは無料です。
かなり広くて清潔でした。

名称:ペルガモン美術館 [ Pergamonmuseum ]
場所:Am Kupfergraben 5
見学時間:見学時間:10:00~18:00 (木曜日 ~20:00) 無休
公式サイト


★月額100円(税抜)~/WordPress簡単インストール! ロリポップ!レンタルサーバー ★

新博物館

新博物館、ベルリン

戦後60年廃墟として放置されていた新博物館は、2009年に開館されました。
古代エジプト美術を中心に9000点以上の展示品が展示されています。

新博物館、ベルリン

象形文字文字や彩色が付けられていたのが見られます。

新博物館、ベルリン

死後の世界への入り口など、象形文字もかなり保存がよく、はっきりと見れます。

新博物館、ベルリン 新博物館、ベルリン

この後、2階には古代エジプト美術最高傑作と言われる「王妃ネフェルティティの胸像」が展示されて
いましたが、写真撮影不可です。

新博物館、ベルリン

石棺には、中に入っていた人物の人生を示す飾り付けや象形文字が刻まれています。

新博物館、ベルリン

地下出口付近の休憩ロビーとトイレがあります。
私たちはかけありで見学したので、1時間ほどで出てきましたが、新博物館も2時間くらいの見学時間が
必要です。

新博物館、ベルリン

新博物館 [ Neues Museum ]
場所:Bodestrasse 1-3
見学時間:10:00~18:00 (木曜日 ~20:00) 無休
公式サイト

今回見学した美術館は、以上2館です。
スケールの大きな展示が多く、とても面白かったです。

次の3館も興味深い美術館なので、機会があれば訪れたい場所の一つです。

旧ナショナルギャラリー

旧ナショナルギャラリー、ベルリン

古代ギリシャの神殿のような外見は、アテネのアクロポリスを見本に建てられている。
ロマン主義や古典主義、マネやセザンヌ、モネなどの印象派など、18世紀以降の絵画コレクションを
中心にしている美術館です。

名称:旧ナショナルギャラリー  [Alte Nationalgalerie]
場所:Bodestrasse 1-3
見学時間:火~日曜 10:00~18:00 (木曜日 ~20:00) 月曜休館
公式サイト

 

旧博物館

旧博物館、ベルリン

18本の円柱が並ぶギリシャの神殿を思わせる建物は、戦後1960年に再建れたもので、古代ギリシャや
ローマ時代のアンティークコレクションを展示している博物館。

名称:旧博物館 [ Altes Museum ]
場所:Am Lustgarten 10178
見学時間:火~日曜 10:00~18:00 (木曜日 ~20:00) 月曜休館
公式サイト

ボーデ博物館

彫刻やビザンチン美術、コインなど貴重なコレクションの展示がされている博物館。

名称:ボーデ博物館 [ Bodemuseum ]
場所:Am Kupfergraben 10117
見学時間:火~日曜 10:00~18:00 (木曜日 ~20:00) 月曜休館
公式サイト

まとめ

やはり世界遺産というだけあり、スケールが大きいですね。
ペルガモン美術館は、修復工事の為、通常の半分しか見学できませんが、それでも見る価値あり。
遺跡を建物の中に復元させているわけですから、なんとも「あっぱれ!」の一言です。

博物館共通券(5館 €19)というのもいいですね。
ペルガモンと旧博物館は、必ず見る価値があります。
旧ナショナルギャラリーは、少し興味があったのですが、娘に睨まれて断念しました。残念!

他の3つも興味深い展示がありそうなので、時間のある人なら1日かけてみるのもいいと思います。
ただ、美術館・博物館は館内をかなり歩くので、他の市内観光に影響が出ないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました