サヴォイア家の築いたエレガントな街・トリノの1日観光スポット!

Torino

フランスとの国境に近い西北部に位置するトリノは、イタリアで4番目に大きな都市です。

トリノは、イタリアを統一したサヴォイア家が築いたエレガントな街で、
その後、イタリアの自動車メーカー「FIAT(フィアット)」が拠点を置き大産業都市に発展しました。

また、世界遺産に登録されたサヴォイア王家の王宮群やエジプトのカイロに次ぐ貴重な財産を所有する
エジプト美術館、国立映画博物館など見学スポットが充実した観光都市でもあります。

今回は、ローマから日帰りで訪れたトリノの半日観光スポットを紹介します。

ローマからトリノへのアクセス方法

frecciarossa frecciarossa

ローマからは、イタリアの新幹線 frecciarossa(フレッチャ・ロッサ)で、所要時間4時間半前後、
チケットは片道約 €60です。

私達は、チケットを1か月前にオンラインで購入していたので、日帰りの往復で €100前後でしたが、
当日券であれば、少し割高になると思います。

乗る時間帯と時期によって所要時間と料金も多少違ってきますので、公式サイトで確認してください。

ローマ~トリノ間の利用した列車の時刻

7:05 テルミ駅発(Roma Termini) ~ 11:40 ポルタ・ヌオヴァ着(Torino Porta Nuova)

19:10 ポルタ・ヌオヴァ発 (Torino Porta Nuova) ~ 23:40 テルミ駅着(Roma Termini)

ミラノに滞在している場合は、ミラノ‐トリノ間は2時間ほどなので、ゆっくりと日帰りできる距離です。
ぜひ、足を延ばしてみてください。

トリノの観光日数

トリノの観光日数は、1日で十分だと思います。

私たちは半日で観光しましたが、結構急ぎ足で見て回ったので、まる1日あれば観光やグルメ、
ショッピング、ユベントスのスタジアム見学なども楽しめると思います。

トリノの街は観光スポットが市内中心地に集中しているので、スタジアムへ行く以外は徒歩で観光できます。
それでは、ポルタ・ヌオヴァ駅からトリノ観光スタートです。

ポルタ・ヌオヴァ駅

Porta Nuova Station Torino

ポルタ・ヌオヴァ駅は、フランスの国鉄の駅を思わせるエレガントな外観です。

駅の構内は、40以上のショップとフード店の入ったショッピングモールになっていて、
荷物預かり所や有料トイレもあります。

ポルタ・ヌオヴァ駅  [Stazione Porta Nuova]
住所:Corso Vittorio Emanuele II, 10128 Torino
ポルタ・ヌオヴァ駅からローマ通りをサン・カルロ広場へ向かいます。

サンカルロ広場

Piazza San Carlo Torino

トリノの最も美しい広場の1つサン・カルロ広場です。
中央の騎馬像は、16世紀フランスから領地を略奪した英雄エマヌエレ・フィリベルト像。

この界隈は、日本でも人気のH&M、Bershuka、Zaraなどファストファッションのチェーン店や
高級百貨店Rinasciente、食料百貨店 Eatalyなどが並ぶ繁華街で、大勢の人で賑わっています。

サンカルロ広場 [Piazza San Carlo]
住所:P.za S. Carlo, 161, 10123 Torino

この近くに世界で2番目に重要なエジプト美術館があります。

 

エジプト博物館

Il museo Egizio Torino

トリノに来たら絶対に見逃せない観光スポットの一つが、エジプト博物館です。

トリノのエジプト博物館は、エジプトのカイロに次ぐ重要な遺産を所蔵する博物館で、
彫像、石棺、葬儀用品、ミイラ、パピルス、お守り、宝石など古代文明と歴史をたどる
重要な宝が約2万600点展示されています。

エジプト博物館   [Il museo Egizio]
場所:Via Accademia delle Scienze 6 Torino
見学時間:月曜 9:00~14:00 /火~日曜  9:00~18:30
料金:€ 13
大きな荷物は持って入れないので、有料ロッカーが利用できます。(地下1階)
エジプト博物館公式サイト

カステッロ広場

Piazza Castello Torino

カステッロ広場は、古代ローマ時代から1861年イタリアの首都になるまでの
トリノを見守ってきた重要な場所で、カステッロ広場に面した王宮及びその庭園、マダマ宮殿は、
1997年「サヴォイア王家の王宮群」として、イタリアの世界遺産に認定されています。

カステッロ広場 [Piazza Castello]
場所:P.za Castello, Torino

マダマ宮殿

Palazzo Madama Torino

マダマ宮殿は、古代ローマ時代の建物を改築した中世の城館がを15世紀にサヴォイア家によって
塔などが増築され、1934年に市立古代美術館(Museo di Arte Antica)となり、
2006年リニューアルオープンしました。

館内には中世初期からの装飾ガラス細工、陶磁器、金細工、勲章類など、2万8000点が展示された
興味深い美術館です。

マダマ宮殿 [Palazzo Madama]
場所:Piazza Castello
見学時間:土~月曜 10:00~18:00     休館:火曜
料金:€ 10
マダマ宮殿公式サイト

王宮博物館

Palazzi Reale di Torino

1865年まで、サヴォイア王朝の住まいであった王宮は、ヨーロッパの他の王宮に負けない立派な造りです。
ネオクラッシック・バロック、ロココ様式の様々な建築様式で造られていて、
庭園は、ヴェルサイユ宮殿の設計をもとに造られています。

トリノ王宮博物館は、イタリア・トリノの歴史を知る重要な博物館で、世界遺産にも登録されました。
敷地内には、王宮立武器庫、王立付属図書館、迎賓の間、会議の間、王位の間、
ピエモンテ王子の間の3Kmにわたる進路が待ち受けています。

王宮博物館  [Palazzo Reale]
場所:Piazza Castello
見学時間:日曜10:00~19:00/火~土曜10:00~18:00  休館:月曜
料金:一般 €15、18歳以下無料、 (18~25歳)€ 2 王宮の庭園は見学料無料
王宮博物館公式サイト

モーレ・アントレリアーナ

Mole Antonelliana Torino Museo Nazionale del Cinema Torino

トリノのシンボル、モーレ・アントレリアーナの塔。

2000年7月に国立映画博物館として開館され、2006年の冬季オリンピックに向けて増改築されており、
映画の歴史の展示のみでなく、大人から子供まで楽しめる体験型の博物館です。

塔に上がる透明のエレベーターがあり、この展望スペースからは美しいトリノの街並みが見渡せます。

Museo Nazionale del Cinema Torino Museo Nazionale del Cinema Torino

モーレ・アントレリアーナ [Mole Antonelliana ]
国立映画博物館(Museo Nazionale del Cinema)
場所:Via Montebello 20 Torino
見学時間:水・木・金・日曜 9:00~20:00 /土曜9:00~23:00 休館:火曜
料金:€ 11 [美術館]・€ 8 [展望エレベーター] / € 15[美術館+展望エレベーター]
国立映画博物館公式サイト

ヴィットリオ・エマヌエーレl世橋から見るポー川

ポー川沿いは、沢山のレストランやバールなどの露店が出て大勢の人で賑わっている場所です。

ナポレオン時代に造られたヴィットリオ・エマヌエーレl世橋を渡り、
グラン・マードレ・ディ・ディオ教会 へ向かいます。

グラン・マードレ・ディ・ディオ教会

Chiesa Gran Madre Di Dio Torino

ローマのパンテオンをモデルにして造られたネオ・クラッシックの教会です。
…というだけあって似てますね。

ここには、第1次世界大戦で亡くなったピエモンテ州の兵士4千人の遺骨が納められている教会です。

グラン・マードレ・ディ・ディオ教会 [Chiesa Gran Madre Di Dio]
場所:Piazza Gran Madre di Dio 4 Torino
見学時間:毎日 7:30~19:00

 

モンテ・ディ・カプチーニ の丘

Al Monte Dei Cappuccini Torino

トリノの全景は、このモンテ・ディ・カプチーニの丘(Al Monte Dei Cappuccini)から

グラン・マードレ・ディ・ディオ教会の後ろから、小高い丘の上へ15分ほど急な坂を登りますが、
登り切った後、絶対来てよかったと思わせるほどの絶景が広がります‼

モンテ・ディ・カプチーニ  [Monte dei Cappucini]
住所:Salita al C.A.I. Torino, 12, 10131 Torino
これだけは見たい!2日で廻るローマの観光スポット
2日で廻るローマのお勧めスポットを紹介しています。
また、ミケランジェロやカラヴァッジョ、ベルニーニなどの芸術作品が無料で見れる場所なども
あわせて紹介しています。

まとめ

お隣のフランスから100キロ程しか離れていないトリノは、
イタリア初代王国が置かれた街であり、サヴォイア家によって多くの芸術、
文化、建築などが持ち込まれたエレガントな街です。

観光スポットは、殆ど徒歩圏内なので、公共交通機関を使うこともないかもしれませんが、
メトロ・高速鉄道も数分ごとに発着しイタリアとは思えないほど便利です。

エジプト博物館や王宮などの観光スポットはカステッロ広場に集まっているので、
1日あれば十分にトリノの見どころを抑えることができます。

実際に廻ってみたので、ローマからの日帰り観光は不可能ではありませんが、
ミラノかトリノのどちらかの都市に宿泊して観光すれば、もう少しゆっくり廻ることができると思います。

 

Ready to Land
タイトルとURLをコピーしました