ジャパン・レール・パス (Japan Rail Pass)でまわる7日間の旅!

国内

娘と2人で7日間のジャパン・レール・パスを使ってみました。

最初はJRパスの購入を迷いましたが、利用してみてJRを無制限に使って移動ができるということが、
どんなに価値があるものかわかりました。

このページでは、JRパスの購入過程、条件、利用方法などを詳しく説明しているので、
参考にしてみてください。

 

ジャパン・レール・パス(JRパス)って何?

ジャパン・レール・パスって聞いたことがありますか?

JRパス(Japan Rail Pass)は、外国から日本を観光目的で訪れる人が利用できる特別企画の乗車券で、
JR社の運営する鉄道・バス・フェリーを利用して、日本国内を隈なく経済的に廻ることのできる
チケットという説明だと「ピン」とこないと思いますが・・・

「JRパスというチケットを使って、期間内に北海道から九州まで新幹線や在来線が乗り放題!」

しかも、「追加料金を払うことなく指定席の予約ができる」と聞くと、

「え~?? 本当? そんな夢のような切符があるんだ!」と思いませんか?

どんな人が使えるのでしょうか?

外国から日本を観光目的で訪れる人なので、短期滞在(15日~90日滞在)の外国人と、
海外に10年以上在住する日本人も対象になります。

ただし、海外に10年以上住んでいることを証明する
「在留証明書」を日本大使館・領事館で発行してもらう必要があります。

「在留証明書」は、JRパス購入日の6か月以内に発行されたものが必要です。

JRパスの種類と値段は?

私達は、普通車の7日間パスを購入しましたが、
このパスを利用してどこへ行って何をしたいかによって購入の種類が変わってくると思います。

実際、指定席も取れて普通車でゆっくり座れたので、この選択は正解でした。

山陽新幹線新(ひかり・こだま 大阪~博多)と九州新幹線の殆どの列車には、
グリーン車が連結されていないので、普通車のパスを購入する方がいいと思います。

種類グリーン車普通車
区分大人子供大人子供
7日間¥44,810¥22,400¥33,610¥16,800
14日間¥72,310¥36,150¥52,960¥26,480
21日間¥91,670¥45,830¥66,200¥33,100

2020年11月更新の料金 https://japanrailpass.net/about_jrp.html 参照

在住国の通貨で購入することになるので、レートによって金額が少し異なる場合があります。
私たちはユーロで購入したので、¥価格より少し安めでした。

どこで購入することができる?

海外在住の日本人は、在住国でJRパス引換証を購入していく必要があります。
購入時に「在留証明書」の提示を求められることもあるので、あらかじめ用意しておきましょう。

購入したJRパス引換証は、日本で本券と引き換える必要があります。

日本へ入国する時に提示するパスポート名と引換証の名前が同じである必要があります。

日本人が日本へ再入国する場合は、日本のパスポートの提示が義務図けられているので、
2重国籍の所持者は、購入時に日本のパスポート名で購入することをお忘れなく!

引き換え場所と必要なもの

Kansai airport Kansai airport
♦上記の写真は、関西空港の引換所です。

引換証は、主なJRの駅の「 引換所 」、関西空港や成田空港などで本券に引き換えます。

引き換えの時に忘れてはいけないものが3つあります。

購入した ① JRパス引換証、➁ 大使館・領事館で取得した「在留証明書」と、
③ 入国時に押してもらったパスポートのスタンプの提示が必要
入国時自動化ゲートを通った場合:
後で係員の人にスタンプを押してもらうか、有人ゲートを通る必要があります。
引換証は、購入後3か月以内に本券に引き換える必要があります

 

JRパスを使って乗れない種類の新幹線

東海道・山陽・九州新幹線の「のぞみ」と「みずほ」は、乗れません。

「ひかり」、「さくら」、「こだま」と「つばめ」の利用が可能なので、
間違えないようにしましょう。

JRパスを使ってのJRの利用の仕方

新幹線 新幹線

2019年利用時は、JRパスは自動改札機を通れなかったので、駅員さんのいる改札口を利用していましたが、
2020年10月に利用した時は、改札が通れる新幹線のチケットと同さサイズに変わっていました。

新幹線の自由席に乗るのであれば、改札を入ってそのまま乗ってしまえば大丈夫です。
利用できるのは、「ひかり」、「さくら」、「こだま」、「つばめ」です。

指定席を予約する場合:
1.JRの「みどりの窓口」でJRパスを提示して指定席をとってもらえます。
2.チケットの券売機からでも指定席の予約や日時の変更は簡単にできます。
パスポート番号を入力するので、手元に用意しておきましょう。

みどりの窓口、神戸駅 JR券売機

無料で指定席が取れるというのは半信半疑だったのですが、本当でした。

こんなに乗って、指定席も追加料金がいらないなんてすごい!
日本に住んでいる方に悪いな~と思いながら・・・

新幹線を利用していたのは30年も前の事で、座席予約システムについてよく覚えていなかったのですが、
指定席は、当日じゃなくても数日先の移動でも予約することができるので、
「みどりの窓口」が混んでいて、希望時間帯の新幹線に乗れないことがないように、
時間に余裕をもって座席指定をすることをお勧めします。

新幹線のことに力を入れて説明をしましたが、新幹線だけでなくJRの在来線やJRフェリー、
JRバスなど全てこのパスに含まれています。

★このパスで宮島フェリーも乗れるので、厳島神社なども行けるんですよ!
フェリーの乗船前にパスを提示すればいいだけ!

★北陸へ行くのには、サンダーバードにも乗れます!

これだけは見たい金沢1日観光スポット!
1日で廻る金沢の史跡やパワースポット、インスタ映えするスポットを紹介しています。

どんな旅をする人に向いている?

新幹線

新幹線の乗り放題なので、移動すれば移動するだけ価値があるわけです。
私たちは、九州、中国、関西、関東地方を移動しましたが、イタリア人の友人などは、
東京に7泊して東京から京都、大阪、神戸などを日帰りで観光していました。

結論としては、7日間で東京~新大阪間を一度往復するだけならJRパスを買う必要はないのです。

というのも、東京~新大阪の普通車自由席が¥13,870、ディスカウント店で購入すれば、
¥2,000程安くなるので、新幹線の往復チケットを購入すればいいわけだし、
スカイマークなど格安航空会社を利用すれば、神戸~羽田間を2万円以内で往復できるので、
この場合は、飛行機を利用した方が安く上がります。

JRパスを使えばこういうことができる

JRパスを使って新幹線を利用することによって、都市間の移動時間が短縮できます。

先ほどの節でふれたように東京を起点として、東京~大阪、東京~金沢、東京~仙台など
日帰りで主要都市を行き来することが可能になるので、旅行者が日本を広く浅く知ることが
可能になるわけです。

JRパスを使って7日間で廻ったルート

実家のある関西地方から出発して、新幹線の停車する主要駅に宿をとり、
その都市を起点に主要観光地を廻りました。

1日目:6:26 西明石発(ひかり・さくら・かもめを乗り継ぎ)ー 11:24 長崎着
長崎の観光スポットを廻り (長崎泊)

2日目:7:28 長崎発(かもめ) ー9:20 博多着ー博多からバスを利用して大宰府[太宰府天満宮]へ
(太宰府行のバスはJRパスには含まれていません) ー 大宰府から戻り、博多を観光
17:44 博多発(こだま) ー 18:01 小倉着 駅周辺と門司港レトロの夜景を見学し (小倉泊)

3日目:小倉発ー門司港へ 門司港からフェリー(別料金)で関門海峡を渡り、唐戸へ ー 唐戸観光後、
小倉へ戻る 11:59 小倉発(さくら) ー 12:07 広島着 ー 山陽線の各停で宮島口へ
ー 宮島口からフェリーで厳島へ:厳島観光後 (広島泊)

4日目: 広島発(さくら) ー 岡山着 山陽線の各停で倉敷へ:倉敷観光後、岡山に戻る
岡山発(ひかり) ー 西明石着

5日目: 西明石発(こだま) ー 新大阪(サンダーバード) ー 金沢着
金沢の観光スポットを廻り (金沢泊)

6日目: 7:00 金沢発(かがやき)ー7:18 富山着 : 富山電鉄ーケーブルカーとバスを乗り継ぎ
(別料金) ー 立山アルペーンルート・雪の大谷へ ー 富山に戻る
16:15 富山発 (かがやき・つばさ) ー 18:39 宇都宮着 (宇都宮泊)

7日目: 7:40 宇都宮発(日光線各停) ー 8:32 日光駅着: 日光の観光スポットを廻り、日光から東京へ

このあと7日目でJRパスの期限が終わったので、東京と鎌倉に数日滞在した後、
スカイマークで神戸の実家へ帰りました。

JRパスと格安航空券の組み合わせ

2週間の滞在なので、14日間のパスを買おうかと迷っている場合は、航空券との組み合わせも
いいのではないでしょうか?

長く滞在したい都市を終点にし、格安航空券で出発地点へ戻るか、飛行機で出発して、
数日一か所に滞在した後に列車の旅を始めるか・・・どちらにしても、スカイマークのような
格安航空券を購入すれば、安価な旅ができると思います。

まとめ

JRパスを最大限に利用するために、毎日小型のスーツケースを持っての移動の日が続きましたが、
日本はコインロッカーの設備が整っているので、移動がスムーズにできました。

1週間旅をするということは、最低6日間のホテル代もかかりますが、
日本は駅前に適当な価格のホテルが多くあるので、とても便利です。

JRパスなしでこの日程をこなせば、かなりの料金になるだろうと思うと、本当に夢のようなパスですね。

次回は、JRパスとスカイマークを組み合わせた北海道からの移動記事を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました