[世界遺産]シエナ歴史地区の散策スポット!

siena Italy

シエナはイタリア中部のトスカーナ州を代表する都市の一つで、1995年に旧市街全体が、
「シエナ歴史地区」として世界遺産に登録されています。

ローマやミラノなどの大都市とは異なり、石畳の曲がりくねった細い路地や建物どうしをつなぐアーチなど、
中世の面影を残した街の散策が楽しめます。歴史地区は徒歩で廻れる大きさで、シエナ大聖堂やマンジャノ塔、カンポ広場など見学スポットがぎっしりと詰まっています。

今回はローマから格安長距離バスを使って、娘と2人で日帰りで廻った、シエナ歴史地区の
1日散策スポットを紹介します。

ローマからシエナへのアクセス方法

シエナへ行く方法は、長距離バスと列車を利用する方法があります。

私たちが利用したのは、フリックスバス(FLix Bus) という長距離バスです。
フリックスバスは、ヨーロッパの都市間を低価格で繋ぐ長距離バスで、チケットはオンラインや
APPからも購入できます。

ローマのティブルティーナ駅の長距離バスの駅からシエナまで直行で約2時間45分、片道 €10で行けます。(切符の値段は、時期・時間帯によって上下します。)

シエナの列車の駅前に停車します(帰る時も同じ場所) 。

  フリックスバスを使う利点

  • よほどの交通渋滞や事故が無い限り、目的地に予定時間通り到着する。
  • 料金が安くシエナまでノンストップなので、人の乗り降りの多い列車と比べると安全。
シエナ行きの最終地点はミラノなので、バス停でバスを探すときは最終目的地名で探すこと。
帰りのバスはミラノからくるので少し混んでいますが、座れないという心配はありません。

鉄道を使わない理由

  • 乗り換えをしなければいけない。
  • 片道の最低所要時間が3時間20分で、39ユーロかかる。(片道20ユーロだと4時間ほどかかります。)

シエナの鉄道・バス駅から歴史地区へのアクセス

駅を背にして正面にショッピングセンターがあるので、その中へ入りエスカレーターで
3階のフードコートまで上がります。

このショッピングセンターの中には、スーパー、ショップ、レストラン、カフェ、
無料のトイレ(1F, 3F 3階のほうが空いていてきれい) があります。

無料のトイレは、とてもありがたく行き帰り利用させていただきました。

正面にガラスの自動ドアがあるので、そこを出て別のエスカレータに乗ります。

siena

エスカレーターは、非常に長く永遠に続くので、何度乗り換えたか覚えてないですが、
エスカレーターを乗り継ぐだけで、シエナの歴史地区のある丘の上に辿り着きます。

siena

建物を出て左手に行くと、テラスから街の景色が見渡せるようになっています。
レンタサイクルも設置されているので、サイクリングを楽しんでもいいですね。

Siena Historic centre

さらにその先へ進むと歴史地区を囲む壁が見えてくるので、アーチをくぐりシエナの歴史地区へ。

シエナの歴史地区

Siena Historic centre

中世にタイムスリップしたような街並みです。

シエナは、13~14世紀フィレンツェと激しい覇権抗争を繰り広げながら、ヴェネツィア、ピサ、
ジェノヴァとの金融取引で莫大な富を得て隣国フィレンツェを凌ぐほどの繁栄を極めた都市国家でした。

しかし、シエナの栄光は長く続かず、次第にフィレンツェの後塵を拝するようになり、
14世紀中頃から流行したペストがシエナを危機に追い込み、最盛期の街並みがそのまま化石のように
残され現在に至ります。

Siena Historic centre

シエナ歴史地区は、すべて徒歩で廻れます。
石畳の曲がりくねった路地を歩きながら、大都市にはない中世の街並みを楽しんでみてください。

Siena Historic centre

シエナの観光スポット

サリンベーニ宮

Siena Historic centre

サリンベーニ宮は、1472年に創業した世界一古い銀行として有名なモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナの
本部が入っている14世紀に建てられたシエナゴシック様式の建物です。

シエナは交易の要所として商業、金融業、手工業が栄え、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行が
誕生した町としても有名です。街の通りに銀行にちなんだ名前が多いのもその名残です。

サリンベーニ宮 [Palazzo Salimbeni]
Piazza Salimbeni, 1, 53100 Siena
Siena Historic centre

シエナでローマの建国の由来となった雌狼とロムルスとレムスを発見!
この先、シエナの街を歩いているといろんなところで見ます。

なぜ、ローマを建国したロムルスとレムスの像がシエナの至る所で見られるのでしょうか?

実は、王座争いでレムスはロムルスに殺害され、双子の息子のセニウスとアスキウスの命も狙われました。

双子はローマのシンボルの像を盗み白と黒の馬に乗り、ローマを逃れシエナの街にたどりつき、
シエナの街を創設したという伝説から、シエナの紋章などにローマと同じ雌狼と双子の姿が見られるのです。

Siena Historic centre

イタリアで1番美しいといわれるカンポ広場へと階段を下りていきます。
この狭い路地にはお土産店やトラットリアで食事をする人たち、そして広場へ向かう人でいっぱいです!

この景色はイタリアらしいですね。
シエナについてはよくわかりませんが、ローマでは自分の敷地でなくても階段や路地、
歩道に席を設けてしまうレストランなどがあります。

後で、警察のコントロールなどで手ひどい罰金を支払う羽目になるのですが…

カンポ広場

siena Italy

広場を囲むようにできた建物の間には何本もの細い路地が広場へと繋がっています。
広場の正面には、プブリコ宮殿とマンジャの塔です。
シエナの街の中央部に位置するカンポ広場は、扇形で緩やかに傾斜していて、
広場を囲むように土産店やレストランが並んでいます。

この広場では年に2回(7月2日、8月16日)馬を用いて行われる祭り、パリオ祭が開かれます。
日本で言うと競馬のようなもので、シエナの17地区のうちの代表10地区が競技に出場して、
速さを競うお祭りです。

競技の前には、地区のメンバーが年代の衣装に身をまとって、教会を訪問後、街中をパーレドします。
幸運にも何年か前に見る機会があり、とても印象に残っています。

Piazza del campo

カンポ広場 (Piazza del campo)
場所:Il Campo, 53100 Siena

プブリコ宮殿とマンジャの塔

Palazzo Pubblico, Siena

プブリコ宮殿は、13~14世紀に建てられたゴシック建築です。
地上階は今でも市庁舎として使用されており、1~2階(日本の2~3階)はシエナ派のフレスコ画で彩られ、
名画を展示する市立美術館 (全14室) になっています。

上階のテラスからは、シエナの街を見渡すことができます。

プブリコ宮殿の説明は別ページでしています
Palazzo pubblico Siena
プッブリコ宮殿 [ Palazzo Pubblico ]
見学時間:10:00~18:00 (1月11日~3月15日) 10:00~19:00(3月16日~10月31日)
休館日:12月25日( 12:00~18:001月1日)
料金:大人 €10 / 11-19歳、65歳以上 €9
公式サイト

マンジャの塔の名前の由来について

102mの高さからシエナの街を見下ろすように建っているマンジャの塔。

イタリアで2番目に高いといわれるマンジャの塔の名前の由来ですが、
「マンジャ」 というのは、イタリア語で “マンジャーレ(食べる)” を意味するので、
変な名前だな~と思いましたが、そこから来ているそうです。

1347年~1360年、市から鐘楼の鐘を任命されたジョヴァンニ・ディ・バルドゥッチョ
[(通称 マンジャグワダンニ (Mangia Guadagni)]が、1番最初に鐘をついたときの
掛け声が、マンジャ! だったそうで、そのまま塔の名前に置き換えられたそうです

ちなみにマンジャ グワダンニ (Mangia Guadagni)の意味は、食べて儲けるという意味です。

マンジャの塔 [ Torre del Mangia ]
見学時間:夏季 10:00~19:00 (3月1日~10月15日)、
冬季  10:00~16:00(10月16日~2月28日)
料金:€ 10
塔にはエレベーターが無いので、階段(503段)でアクセスします。
公式サイト

市庁舎のあるカンポ広場を後に大聖堂へと向かいます。

Siena Historic centre

シエナ大聖堂

Duomo di Siena

シエナ最盛期のシンボル「シエナ大聖堂」は、1220年に起工され完成まで200年かけたという
立派なゴシック様式のファサードとロマネスク様式で造られた大聖堂です。

大聖堂の内部は、重みのあるボーダーの柱や大理石のモザイク、歴代法王の彫刻、
ステンドグラスなどで装飾されています。

ローマから日帰りで行けるオルビエートにも、このシエナ大聖堂によく似た造りで建てられた
大聖堂があります。

OPA SI PASS という共通券を購入すると、
[ 大聖堂・ピッコロ‐ミニ図書館・クリプタ・洗礼堂・博物館] の見学ができます。

Duomo di Siena

名称:シエナ大聖堂 [ Duomo di Siena ]
場所:Piazza del Duomo 8
入場料は季節によって異なるので、公式サイトから確認してください。

ピッコローミニ図書館

Libreria Piccolomini, Siena

大聖堂の中では、長年公開されていなかった美しいフレスコ画で飾られたシエナの名門「ピッコローミニ家」
の書庫「ピッコロ‐ミニ図書館(Libreria Piccolomini) 」を見学することもできます。

クリプタ

Cripta, Siena

クリプタ(Cripta )の入り口は大聖堂の外にありますが、クリプタはシエナ大聖堂の地下に位置し
1999年大聖堂の修復作業時に発見された貴重な場所です。

Siena Historic centre

クリプタから出て階段を降り、大聖堂の最後のスポット「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」へと向かいます。

ウンブリア州やトスカーナ州でよく見る絵皿工芸品店が近くにあり、必ず立ち止まって見てしまうのですが、
結構高いし一つ選んで購入するのが苦手な私は、いつも迷った挙句に買い損ねてしまいます。(笑)

Siena Historic centre

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

Battistero di San Giovanni, SIena

サン・ジョヴァンニ洗礼堂 (Battistero di San Giovanni)の入り口は、階段を降り切った左手です。
14世紀に建てられた洗礼堂は、シエナ絵画の代表的なフレスコ画で装飾されています。

中央には、フィレンツェでも活躍したギベルティ、ドナテッロをはじめとする1417~1431年の
主要彫刻家によってつくられた大理石と青銅、金箔のブロンズを使用して造られた洗礼盤があります。

共通券で廻れる大聖堂、ピッコロ‐ミニ図書館、クリプタ、洗礼堂を見てきました。

共通券に含まれる「付属美術館」は30分を超える長蛇の列だったので、時間の都合で断念しました。

別ページでシエナ大聖堂のチケットの購入方法や見学スポットを説明しています。
[世界遺産] 絶対見逃せないシエナ大聖堂 を読む
Siena historic centre
シエナの歴史地区を後に、ローマ行のバスに乗るためシエナ駅方面へと来た道を戻ります。
siena
ショッピングセンターの向かいが、鉄道の駅です。
フィレンツェへ列車でアクセスするときは、こちらから利用できます。
Siena station

シエナ散策のまとめ

フィレンツェに滞在する方はもちろんのこと、ローマに何日も滞在する方は、ぜひシエナに
行ってみてください。

今回のシエナでの観光時間は7時間でした。
ローマからバスで快適に往復できて、ゆっくりと街中を散策し、夕飯も食べてバス停までたどり着きました。

11:30 シエナ到着~シエナ歴史地区観光~18:30 シエナ出発

私たちはイタリアの祭日に来たので、マンジャの塔やドゥオーモ付属美術館もかなり込み合って
見学できなかったのですが、平日であればもっとスムーズにいくと思います。

Ready to Land
タイトルとURLをコピーしました