白い大理石にライトブルーの水が溢れ出す幻想的なローマ「トレビの泉」

Trevi fountain, Romaイタリア

多くのツーリストが押し寄せるローマの超人気スポット「トレビの泉」は、ローマ観光では外せない
スポットの一つです。

古代ローマ時代からローマには至る所に噴水が造られ、今でもローマには無数の噴水が存在し
飲料水として使用されていますが、現在ローマに残されたモニュメント的な噴水は、ナボーナ広場や
バルベリーニ広場などに見られるようなバロック様式のものが多く、トレヴィの泉もバロック様式の噴水です。

トレヴィの泉とは

トレヴィの泉とは、「三叉路の噴水」という意味です。

3本の路地が交わる小さな広場に30年がかりで完成したバロックの傑作です。
噴水は、ポーリ宮の表面に貼り付けられる形で製作されました。

建物には数多くの窓がありますが、その中の一つ最上階の右端の窓は描かれたもので、
窓を開けることが出来ません。

完成当時は最大の噴水だった

Trevi fountain, Roma

トレヴィの泉は、教皇クレメンスXII世のよって開催されたコンテストで優勝した二コラ・サルヴィ
(Nicola Salvi)によって設計されましたが、噴水の土台が完成した時点で死去してしまい、
ピエトロ・ブラッチ(Pietro Bracci)によって1762年完成しました。

建物の壁面に彫られたバロック様式の勝利のアーチの中央には、馬の弾く貝殻に乗ったネプチューンが
海から登場する場面を題材にしたものです。

高さ25m、幅約20mの大きさを誇るトレビの泉は、完成当時、最大の噴水でした。

映画の舞台として活躍した

Trevi fountain, Roma

1960年に公開されたフェデリコ・フェリーニ監督の「甘い生活 (La dolce vita)」の映画でアニタ・エバーグ(Anita Ekberg)が演じたシーンで一躍有名になった「トレビの泉」。

映画やCMなどの舞台としても数多く活躍し、最近ではシャーリー・マクレーン(Shirley MacLaine)と
クリストファー・プラマー(Christopher Plummer)が共演した「トレヴィの泉で二度目の恋を(Elsa & Fred)」の舞台ともなりました。

コインの投げる回数で願い事が変わる

Trevi fountain, Roma

トレヴィの泉にコインを投げると願いが叶うという伝説があります。
このコインは、投げる回数によって願い事が変わるのをご存じでしたか?

コインの投げ方は、コインを右手に持ち、噴水に背を向けて左の肩越しに投げます。

1つ投げると:ローマに帰ってこれます

2つ投げると:素敵なイタリア人と恋に落ちる

3つ投げると:パートナーと離婚できる

投げる数をお間違いなく!

ちなみに噴水に投げ込まれたコインは1日約3000ユーロにものぼり、この収入の半分はローマ市の収入、
残り半分はカトリックのチャリティ団体に寄付されるそうです。

将来の愛を確かめ合った噴水

Trevi fountain, Roma

かつてこの泉が石灰のないローマ一美味しい飲み水として使用されていた頃、少女たちが戦で遠くに旅立つ
恋人のためにこの水を一杯汲み、飲み干した後のコップを割って忠誠を近い、将来の愛を確かめ合った
という伝説があります。

そして今でも、噴水の右側にある水飲み場は「L’acqua dell’amore(愛の水)」と呼ばれ、
恋人や夫婦でこの水を飲むと永遠に一緒にいられるという伝説が残っています。
ロマンチックな伝説ですね!

おススメ訪問時間と注意事項

Trevi fountain, Roma

ローマの超人気スポットであるトレヴィの泉は、いつ行っても大勢の人込みに覆われて噴水をバックに
記念写真を撮る事さえ困難な状態です。(2022年6月上旬 21:00頃に撮影)

人込みを避けて美しい写真を撮りたい場合は、深夜~8:00頃に訪問することをお勧めします。
冬季は、人混みが少しは減りますが・・・

危ない?いえいえ...スリがお仕事をするのは、日中の混雑時なので比較的安全でしょう。
真っ白い大理石にLEDを使ってのライトアップが始まったトレビの泉は、より神秘的で
息をのむほどの美しさです!

混雑したところには必ずスリやジプシーが潜んでいて、あなたのお財布を狙っています!
やたらとくっついて来る人には要注意です!写真を撮ったり、コインを投げるのに夢中になっている間に、すきを狙われています!

基本情報とアクセス

トレヴィの泉  [ Fontana di Trevi ]

場所: Piazza di Trevi
見学時間:24時間

見学料:無料
交通アクセス:メトロA線  Spagna / Barberini下車

タイトルとURLをコピーしました