お寺の敷地に鳥居?!美しい桜が咲き誇る京都「法伝寺・咤枳尼天」

hodenji dakiniten,kyoto近畿

ひとごみに紛れずに静かに桜が見れると聞き、京都大学の近くにある吉田神社、竹中稲荷神社、
宗忠神社で綺麗に咲いている桜を見た後、正面に「真如堂」という石標のある赤い門に辿り着きました。

アレ?「真如堂」ってお寺よね?と娘に問いかけられて・・・
・・・と思うけど、お寺の敷地に鳥居がある...

そして、「咤枳尼天」の石標...なんて読むんだろう。
ちょっと不思議な感じですが、キレイに咲いているサクラに惹かれて境内へ入ると、
外から見るより結構広い!

ここは神社?

法伝寺・咤枳尼天とは?

hodenji dakiniten,kyoto

法伝寺は真如堂の塔頭寺院です。
順徳天皇によって開基され、真如堂の鎮守社「稲荷堂」として信仰されていたそうです。

鳥居があるのは、明治期の神仏分離を免れたひとつだからです。
そして、「咤枳尼天(だきにてん)」を祀る寺院としては日本最古とのことです。

神仏分離とは?

明治維新直後に行われた新政府による神仏習合(しゅうごう)の禁止と両者の分離を図る
宗教政策をいいます。
コトバンク から引用

桜が満開の法伝寺の境内

hodenji dakiniten,kyoto

境内には枝垂れ桜や染井吉野が、とてもきれいに咲いています。
狛犬、そして休憩所...休憩所の内側を見上げると「三十六歌仙」が飾られています。

hodenji dakiniten,kyoto

その先には、「咤枳尼天」としるされた第二の鳥居...

咤枳尼天の鳥居

hodenji dakiniten,kyoto

難しい漢字で最初は読めなかったのですが、「だきにてん」と読み「咤枳尼天・荼枳尼天」とも書かれます。
白狐にまたがる女神様として描かれることが多く、「稲荷神」と同一視されています。

咤枳尼天とは?
咤枳尼天は、古代インドでのダーキニーという人の死期を6ヶ月前から予知し、
人肉を食べる女夜叉が前身とされています。

仏教に取り入れられてからは大日如来の説法を受けて善神となり、
臨終を待って死者の心臓のみ食べることを許されました。
仏像ワールド から引用

神様といっても、想像するだけでゾ~っとします。

咤枳尼天像を祀る本堂

hodenji dakiniten,kyoto

本堂には、弘法大師空海が刻んだという白狐に天女が乗った「咤枳尼天像」が安置されているそうですが、
秘仏となっているため拝観することはできません。

本堂には咤枳尼天の神使である白狐が祀られており、その狐がいつでも出入りできるように
本堂の裏側に穴があいているそうです。

残念ながら訪問後に得た情報なので、本殿の後ろに回って確認してきませんでした ๐·°(৹˃ᗝ˂৹)°·๐
訪れた方は、本堂の後ろも見学してきてください!

hodenji dakiniten,kyoto

御神馬もお祀りされています。

基本情報とアクセス

hodenji dakiniten,kyoto

所在地:京都府京都市左京区浄土寺真如町10 Google マップ でみる
アクセス:市バス17、203「浄土寺」下車 徒歩10分

まとめ

大きなお寺や神社と違い、小さな宝石を見つけたような気分でした。
桜の写真を撮りに行って見つけた場所ですが、訪問前に「法伝寺・咤枳尼天」の歴史を勉強していれば、
もっと違った目線で見学できたかもしれません。
近くに行った方は、ぜひ訪れてみてください。

次回は、本殿の裏にあいた穴を見に行きたいと思います。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました